2012年04月26日

ThinkPad X60バッテリー



VAIO E」シリーズは、15.5型/14型ワイド液晶ディスプレイを搭載した2機種5モデルをラインアップする。ThinkPad X60バッテリー 15.5型モデルでは、インテルプラットフォー ムの「EH」、AMDプラットフォームの「EL」、14型モデルはインテルプラットフォームの「EG」という構成だ。実売予想価格は、15.5型の上位機 「VPCEH38FJ」が12万5000円前後、「VPCEH38FJ/」が11万5000円前後、「VPCEL36FJ」が10万円前後、14型は 「VPCEG35FJ」が10万5000円前後、Apple A1061 「VPCEG34FJ」が10万円前後となっている。EHの上位モデルが2月8日、それ以外は2月18日 に発売される予定だ。


 2012年春モデルでは、上位2機種(EH)のCPUがCore i5-2430M (2.4GHz/最大3.0GHz)からCore i5-2450M Acer Aspire 5570Z バッテリー (2.5GHz/最大3.1GHz)に強化され、HDDも750Gバイトにアップ、同様にELでもHDDが640Gバイトに増えている。一方、そのほかの 仕様は2011年秋冬モデルを引き継ぐマイナーバージョンアップとなっている。 インタフェースは、メモリースティックDUOスロット、SDメモリーカードスロット、USB 2.0×4、アナログRGB出力、HDMI出力、IBM ThinkPad Z61m バッテリー 音声入出力など。ネットワーク機能としてIEEE802.11b/g/nの無線LANとギガビットLAN を備える。標準バッテリーで約4〜4.5時間の駆動が行える。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)だ。


一方、14型ワイドのEGでは、上位モデルとしてCore i3-2350M(2.3GHz)を搭載するVPCEG35FJが加わり、Dell Inspiron Mini 9 アダプタラインアップを拡充した。また、下位モデルのCPUもPentium B960(2.2GHz)に強化されている。そのほかの仕様は、メモリ8Gバイト、HDDが640Gバイト、DVDスーパーマルチドライブと変更はない。 インタフェースは、メモリースティックDUOスロットとSDメモリーカードスロット、USB 2.0×4、アナログRGB出力、Dell Inspiron 910 アダプタHDMI出力、音声入出力など。ギガビットLANとIEEE802.11b/g/nの無線LANも備える。バッテリー駆 動時間は約4.5時間。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)だ。


 なお、仕様をカスタマイズできるVAIOオーナーメードモデルでは、2011年秋冬モデル同様に、Lenovo 3000 N100互換バッテリー 17.3型ワイド(1600×900ドット)の 大画面液晶を搭載する「EJ」シリーズが用意されているほか、グラフィックスにGeForce 410M(1Gバイト)など、より高い構成を選択できる。 マウスコンピューターは4月25日、第3世代Coreプロセッサ搭載ノートPC「LuvBook K」シリーズを発表、4月29日0時1分より販売を開始する。Lenovo 3000 C100 バッテリー 最新CPUとなるCore i7-3610QM(2.3GHz)/同-3720QM(2.6GHz)を標準搭載したノートPCで、1920×1080ドット表示対応15.6型ワイド 液晶を内蔵。グラフィックスコアとしてGeForce GT 650Mを利用可能となっいる。


 標準構成の異なる4モデルを用意。メモリはDDR 8Gバイト/16Gバイト、Sony VGPBPS23/P HDDは500Gバイト/120GバイトSSD+500Gバイト/120GバイトSSD+1Tバイト、光学ドライブはDVD スーパーマルチドライブを内蔵する。ほか200万画素Webカメラ、IEEE802.11b/g/n無線LAN、Bluetooth 3.0+HSも搭載。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入した。標準構成価格は8万円台〜14万円台。またマウスコンピューターは、G-Tuneブランドモデルの11.6型ワイド液晶搭載ゲーミングノートPC「NEXTGEAR-NOTE 300」IBM ThinkPad G41 バッテリー を4月29日0時1分に発売する。


 ラインアップは、Core i3-2350M搭載の下位モデル「NEXTGEAR-NOTE i300BA1」、Acer 3040 Cアダプタ Core i7-3612QM搭載の中位/上位モデル「NEXTGEAR-NOTE i300SA1」「NEXTGEAR-NOTE i300GA1」の3モデルを用意した。メモリはDDR3 4Gバイト/8Gバイト、ストレージは320GバイトHDD/240GバイトSSDを搭載、グラフィックスコアはGeForce GT 650Mを利用できる。OSはWindows 7 Home Premium 64ビット版を導入。ASUS N53J互換 標準構成価格は6万円台〜11万円台だ。ソニーは11月1日、モバイルノートPC「VAIO Z」の直販限定モデル(VAIOオーナーメードモデル)において、CTOツリーの一部を変更し2011年秋冬モデル(VPCZ22AJ)として投入する。出荷は最速で11月6日になる予定だ。ASUS N53JG


 VAIO Zは、薄型?軽量化を極限まで追求しつつ、外GPUや光学ドライブを外付けドック(Power Media Dock)として提供することにより性能との両立を図ったソニーの最上位モバイル機。限定ボディカラーやハイスペックな構成を選択できるVAIOオーナー メードモデルでは、 Acer Asprie 5580 互換バッテリー CPUのCTOツリーにCore i7-2640M(2.80GHz)/Core i5-2435M(2.40GHz)/Core i3-2330M(2.20GHz)の選択肢が新たに用意された。


1920×1080ドット表示の13.1型ワイド液晶(Adobe RGBカバー率96%)をはじめ、RAID 0構成のデュアルSSD(6Gbps対応)、Toshiba PABAS105 英字配列/日本語配列のキーボード、キーボードバックライトやPower Media Dockの有無などは従来同様に選択可能。一方、ワイヤレスWAN機能は3Gの選択肢が省かれ、NTTドコモの「Xi」に対応するLTE内蔵の有無のみと なっている。


 VAIOオーナーメードモデルの最小構成価格は13万4800円で、PABAS071互換 夏モデル発表当初の14万4800円から1万円ほど安い価格設定となった。なお、店頭向けには夏モデル(VPCZ219FJ)が継続して販売される。マウスコンピューターは、15.6型(1366×768ドット)ノートPC「LB-B450S」を12月28日より全国の同社製品取扱い家電量販店にて販売する。価格は7万9800円。 LB-B450Sは、Core i5-2430M、4Gバイトメモリ、FMV-BIBLO MG55U バッテリー 500GバイトHDD、Blu-ray Disc(DVDスーパーマルチ機能付き)ドライブを搭載する15.6型ワイドノートPC。ネットワーク機能としてIEEE802.11b/g/n対応の 無線LANとBluetooth V3.0+HSを備える。


カプコンのモンスターハンターフロンティアオンライン推奨モデルで、Acer Aspire 1830Z TimelineX バッテリー 外付けグラフィックスのAMD Radeon HD6730Mを内蔵しているのが特徴。グラフィックス機能は、AMD Dynamic Switchable Graphics Technologyに対応し、省電力とパフォーマンスを「Fn + H」で切り替えられる。バッテリー駆動時間は約4.6時間を確保する(内蔵グラフィックス使用時)。また、購入特典として、HP HSTNN-IB17 モンスターハンターフロンティ アオンライン内の生産素材や各種アイテムを詰め合わせた「教官見習ネコの差し入れ」を同梱する(イベントコードが付属)。 OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)。このほか、ワープロ、表計算、プレゼンテーション機能をセットにした「KINGSOFTR Office Standard」をプリインストールする。Acer UM08A31


「dynabook R631」は東芝から登場した国内メーカー初のUltrabookだ。13.3型で世界最薄(2011年11月、東芝調べ)をうたう厚さ8.3〜15.9ミリ、UM08A31 重量約1.12キロという極薄のボディはUltrabookの中でも際立った存在だろう。 今回は2011年11月末に発表された東芝ダイレクトのWebオリジナルモデル「dynabook R631/W1TD」を入手したので、性能や使い勝手を検証していこう。同年12月21日現在で、12月末の出荷予定とされている。HP 462890-251 先行して発売中の店頭向けモデル(R631/28D)と比較して、CPUを超低電圧版Core i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)からCore i7-2677M(1.8GHz/最大2.9GHz)に強化し、ワンランク上の性能を手に入れているのが特徴だ。 462890-541


 また、店頭向けモデルはOffice Home and Business 2010が標準搭載になるが、R631/W1TDでは搭載の有無が選択できる。Asus K53Eバッテリー 内部構造を細部まで追求した薄型軽量ボディのUltrabookなので、そ のほかの基本スペックは変更できないが、直販モデルならではのハイスペックで柔軟構成はありがたい。ボディのサイズは、316(幅)×227(奥行き)×8.3〜15.9(高さ)ミリだ。光学ドライブ内蔵型の13.3型モバイルノートPC「dynabook R731」Acer Aspire One 722 バッテリー (316×227×18.3〜26.6ミリ)の光学ドライブを省き、そのまま薄くしたサイズといえる。


 重量は約1.12キロと、13型クラスの液晶ディスプレイを搭載するモデルとしては非常に軽い。ASUS N53JQ互換 しかも実測の重量では1093グラムと、公称値以 下だった。これはアップルの「Mac Book Air」やASUSTeK Computerの「ZENBOOK」に用意されている11.6型モデルに近い重さだ。 金属製のボディはほぼフラットな形状で、端の部分は手前側と両側面を少し絞っている。暗めなシルバーメタリックのカラーリングで、Apple M8403 天面には金属の質感を生かした横に走るヘアライン加工が施されており、くどすぎない上品な高級感がある。


 堅牢性も十分に確保されている。ボディの素材はマグネシウム合金で軽さと頑丈さを両立。ASUS N53JF互換 これにハニカム形状のリブを付けることで、応力を分散する効果があるハニカムリブ構造を採用し、負荷のかかりやすいパームレストや、基板とキーボードの間などの強度を確保している。 開発段階では、100キロfの面加圧、76センチの落下、30ccの防滴といった耐久テストをクリアしているという。製品での無破損や無故障が保 証されるわけではないが、ASUS UL20FT-2D こうした耐久テストの数値が明らかになっているのは、信頼性に対する自信の表れといえる。実際にパームレスト部分だけをつまんで 持ち上げてみてもたわんだりせず、かに剛性感の高い仕上がりだ。


 バッテリーはほかのUltrabookと同様に着脱できない構造だ。公称のバッテリー駆動時間は約9時間をうたう。ASUS UL20FT-2C 付属のACアダプタは、実測で のサイズが約42(幅)×95(奥行き)×27(高さ)ミリ、重量が約239グラム(電源ケーブル込み)と小型軽量だ。ほかのUltrabookが採用す るようなコンセントに直接挿せるウォールマウントプラグはないが、本体と一緒に持ち出す際も邪魔にならないだろう。CPUはTDP(熱設計電力)HP Pavilion dv3000バッテリー が17ワットの超低電圧版Core i7-2677M(1.8GHz/最大2.9GHz)を採用する。動作クロックは1.8GHzで、Intel Turbo Boost Technology 2.0により高負荷時は最大2.9GHzで動作する仕様だ。冒頭で触れた通り、店頭向けモデルのCPUはCore i5-2467M HP Pavilion dm1 バッテリー(1.6GHz/最大2.3GHz)なので、Web限定モデルはそれよりも強化されている。


 チップセットはIntel HM65 Express、グラフィックス機能はCore i7内蔵のIntel HD Graphics 3000を使う。HP ProBook 4310sバッテリー

メモリはDDR3-1333(PC3-10600)のSDRAMを採用。標準で4Gバイト(オンボード2Gバイト+2Gバイト)を搭載しており、増設はできない。D430 バッテリー データストレージにはSSD(Serial ATA 3Gbps)を採用し、容量は128Gバイトを確保する。評価機のデバイスマネージャで型番を確認すると、東芝の「THNSNB128GMCJ」となって おり、mSATAモジュールタイプのSSDを採用していることが分かる。SSDの資料では、公称の最大転送速度がリードで180Mバイト/秒、ライトで 50Mバイト/秒となっている。重量はわずか8.5グラムとされており、これが本体の薄型軽量化に大きく貢献しているのは明らかだ。vostro 1000 バッテリー


 なお、メモリスロットやmSATAスロットにアクセスするための小さなカバーなどは用意されておらず、ユーザーが自ら交換や増設を行うのは困難だろう。通信機能は1000BASE-T準拠の有線LAN、IEEE802.11b/g/n準拠の無線LAN、そしてIEEE802.16e-2005準拠 のモバイルWiMAXを標準搭載する x201 バッテリー (Intel Centrino Wireless-N+WiMAX 6150:WiMAXと無線LANは排他利用)。Bluetoothはないが、ほかのUltrabookで省かれているWiMAXの標準搭載は特筆でき る。 本体装備の端子類は、ヘッドフォンとマイクのほかに、USB 3.0が1基、USB 2.0が2基、有線LAN、SDメモリーカード(SDXC対応)スロットを装備。ディスプレイ出力としてHDMI、アナログRGBも備えるなど、D510 アダプター このクラ スの薄型軽量ノートとしては異例ともいえる充実ぶりで、薄さを考慮しなくとも必要十分といえる内容だ。


 アナログRGBや有線LANに小型の端子ではなく、vgp-bps2c 互換標準サイズの端子を採用しているため、変換アダプタなどを接続せずに利用できるのはありがたい。使いづらそうな配置も特に見られず、この点は満足度が高い。また、液晶ディスプレイのフレーム上部には約130万画素と画素数が高めのWebカメラ、 precision M20 電源ケーブル タッチパッドの左右ボタンの間には指紋センサーを装備。TPMセキュリティチップ(TCG Ver1.2準拠)も内蔵している。 音質面にもこだわっており、高密度実装技術によって狭いスペースの中でスピーカーボックスの容量をできるだけ確保。低域や高域の音を原音に近く補 正する「Toshiba Audio Enhancer」、音のディテールが聴き取りやすくなる 電源コード S10−3 レノボ 「MaxxVolume 3D」といった高音質化技術も搭載する。ここまで極薄のノートPCでは、しっかりした音量と音質だ。


プリインストールOSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)だ。付属ソフトは、REGZAに録画した番組をPCで視聴できる hp compaq 6710b acアダプタ 「ホームネットワークプレイヤー」(CyberLink SoftDMA for TOSHIBA)や、PC内のコンテンツをリビングのテレビなどにワイヤレスで出力できる latitude e6500 バッテリー 「TOSHIBA Media Controller」、PCで見ているYouTubeの動画をテレビなどにワイヤレスで出力できる「TOSHIBA Media Controller Plug-in」など、独自のAV連携機能を備える。白色LEDバックライトを採用した液晶ディスプレイのサイズは13.3型ワイド、画面の表示解像度は1366×768ドットと標準的だ。ヒンジのト ルクを最適化しており、本体のボトム側を手で押えなくても、指1本で液晶を開くことができるため、使い勝手がよい(液晶を開いたまま移動すると、液晶がフ ラフラと揺れるが)。DELL GD761


 最近のノートPCでは少数派だが、非光沢タイプのパネルを採用しているのに注目したい。写真表示などの鮮やかさでは光沢パネルのほうが有利だが、 非光沢パネルは屋内でも屋外でも映り込みが発生しにくいメリットがある。モバイルノートPCとしての実用性を考慮しての選択だろう。8730w バッテリ


 表示品質は以前にレビューしたdynabook R731に 近いように感じる。水準級の明るさはあるが、評価機を見る限り、発色はかなり青みが強い印象で調整したほうがよいと思われる。上下方向の視野角は狭いが、 液晶ディスプレイの角度は約133度まで開くので、座った状態で利用するのであれば、aspire6530 ACアダプタ 問題なく見やすい角度に調整できるだろう。キーピッチは約19×17ミリと縦がわずかに狭いが、横はフルサイズを確保し、EnterキーやBackSpaceキー、左右のShiftキーなど も大きく打ちやすい。押し間違えを防ぐため、カーソルキーも一段下げた位置に配置されている。日本メーカーで唯一のUltrabookらしく、日本語キー ボードのレイアウトはしっかりしている。thinkpad R51e バッテリ


 キーストロークは約1.2ミリと、dynabook R731の約1.6ミリよりもさらに浅いが、 PA3356U-3BRS 数字ほど浅いようには感じない。キートップの作りがしっかりしており、スイッチの感触も適度で、良好なタッチ 感といえる。多少強めにタイプしても、たわみなどを感じることもない。この薄さでキーボードバックライトまで内蔵しているので、暗所で利用する場合にも安 心だ。キーボード左上にあるECOボタンを押すと、Toshiba PA3356U-3BAS 電源プランが「ECO」に切り替わり、ECOモードへと移行する。電源プランの使用状況、消費電力は「TOSHIBA ecoユーティリティ」で確認できる。


 キーボードの手前には、2ボタン式のタッチパッドを装備する。シナプティクス製のドライバが導入されており、Fujitsu FPCBP220電池 パッドの右辺/下辺を利用した上下/ 左右スクロールや2本指の開閉による「つまみズーム」機能、3本指のタッピングでアプリケーション(標準ではWebブラウザ)を起動させる機能が有効に なっている。ユーティリティで設定することで、2本指での上下/左右スクロール、回転、写真/ページ送り dell vostro 3400アダプター などの機能も利用可能だ(標準では有効になってい ない)。評価機のスペックを改めて紹介すると、超低電圧版Core i7-2677M(1.8GHz/最大2.9GHz)、4Gバイトメモリ、128GバイトSSD、Intel HD Graphics 3000、64ビット版Windows 7 HomePremium 64(SP1)という内容だ。この構成でベンチマークテストを実施した。thinkpad t61バッテリー


 一部のテストスコアでは、参考までに超低電圧版Core i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)を備えたdynabook R631の店頭向けモデルと、Core i7-2640M(2.8GHz/3.5GHz)を搭載する「dynabook R731/W4UD」のスコアも併記した。fmvNBP177


なお、2ボタンの間には指紋センサーが、キーボードとタッチパッドの奥にはタッチパッドの有効/無効を切り替えるボタンが用意されている。dell pc xps m1330 ???????


 dynabook R731と同様、起動時間を短縮する「高速スタート」のほか、DELL JKVC5 液晶パネルの開閉を検知して電源オン/オフを行う「パネルオープンパワーオン」に対応してい る。また、PCの電源がオフでもUSB機器の充電ができる「東芝USBスリープアンドチャージ」、電力需要時間帯に入るとバッテリー充電を抑制してバッテ リーから駆動することで電力を節約する「東芝ピークシフトコントロール」、節電モードにすぐに切り替えができる「TOSHIBA ecoユーティリティ」など、Vostro1520 バッテリー 電力管理関連の機能/ユーティリティも充実している。


posted by chongtou at 11:49| Comment(4) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
HP mini 1000 充電池
Posted by HP mini 1000 充電池 at 2012年04月27日 10:33
90W HP Pavilion DV9000 ラップトップ ACアダプタ
Posted by 90W HP Pavilion DV9000 ラップトップ ACアダプタ at 2012年04月27日 10:37
HP Compaq Business Notebook NC6400 シリーズ 充電池
Posted by HP Compaq Business Notebook NC6400 シリーズ 充電池 at 2012年04月27日 10:38
hpラップトップ互換バッテリーとhp ラップトップAC & DCアダプタ
Posted by hpラップトップ互換バッテリーとhp ラップトップAC & DCアダプタ at 2012年04月27日 10:39
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。