2012年03月28日

Asprie 3680 ACアダプタ



プリインストールOSは、64ビット版のWindows 7で、Acer 5050 ACアダプタ

エディションはHome Premium、Professional、Ultimateの3種類から選べる。アプリケーションはOffice 2010や、セキュリティソフトのマカフィー セキュリティセンター、マルチメディアソフトのCyberLink MediaShow Espressoなどが選べる。ケースは下位モデルのStudio XPS 8100よりひとまわり大きなミドルタワー型だ。サイズは198(幅)×528(奥行き)×493(高さ)ミリ、重量は約20キロ(システム構成により異 なる)で、最近のタワー型PCとしてはかなり大きい。ボディのフォルムには大胆な傾斜が付けられ、ホワイトベースのカバーを鮮や Asprie 3680 ACアダプタ

かなレッドで縁取り、光沢 ブラックのフロントマスクを組み合わせたスポーティなカラーリングが印象深い。


 天面の前部にはトレイとして使えるくぼみが用意されており、その奥に3Dell Latitude D520基のUSB 2.0ポートとサウンド端子が用意されている。また、フロントパネルの上部にはSDHCメモリーカードやコンパクトフラッシュなど、19種類のメディアに 対応するカードリーダーを標準で内蔵している。電源ボタンも天面の手前側右端にあり、机の下に置いて利用することを想定してデザインされている。実際、机 の上に置くLatitude D530互換とかなりの圧迫感があるので、やはり机の下に設置したほうがよいと思われる。


 シャシーの構造はシンプルで特に派手なギミックは搭載されておらず、asus u41jf-wx125互換大型グラフィックスカードをスタビライザーでしっかりと支える構造となってい る。フロントマスクやスタビライザーは工具なしで外せ、スタビライザーを外せばマザーボード上のCPUやメモリには容易にアクセスできる。もっとも、特に ツールフリーにこだわっているわけではなく、グラフィックスカードやドライブなどはネジでしっかりと固定されている。Acer Asprie 3050 互換バッテリー


 ベイの構造は5インチベイとシャドウベイを2基ずつ、3.5インチオープンベイを2基ずつ備える。HP COMPAQ 6730s ACアダプタ

オプションでUSB 3.0 PCI Expressカードを追加すると、3.5インチベイにUSB 3.0ポートを引き出すパネルも装着される。ハイエンドのシステム構成を可能としているだけに冷却は入念だ。ケースファンは背面に排気用の9センチ角ファンがあり、前面にも吸気用の12セン チ角ファンが用意されている COMPAQ 6735s ACアダプタ

。吸気口は前面の下部にあるほか、サイドカバーにはCPU用とグラフィックスカード用と2カ所が用意され、サイドカバーから CPUクーラーにスムーズに空気を取り込むためのダクトも装着されている。


 電源ユニットの出力は525ワットだ。asus u41jf-wx149v互換バッテリー+12V系出力は3系統で、それぞれ18A、18A(+12V系合計の同時出力500ワット)となっている。総合出力の割には+12V系の出力に余裕がある設計で、よほど極端な構成にしなければこれで十分だと思われる。しかし、さすがにCore i7-980X Extreme Edition、ATI Radeon HD 5970にHDDを2台搭載するといった構成ではどうだろうか。実際に評価機がそのような構成であり、平常時には普通に動作していたものの、この構成で大Acer Aspire AS5250-C53G25Mikk アダプタ,PC電源

きな負荷をかけるのは電源ユニットへの負担が大きすぎるだろう。長時間負荷をかけるような用途での長期運用には少々不安が残る。できれば電源ユニットも選 択できるようにしてもらいたいところだ。


デルは9月6日、Acer Aspire AS5250-C52G25Mikk互換価格性能比を高めたビジネス向けノートPC「Vostro 1550」を発表、本日より提供を開始する。Celeron/Core i3/Core i5の搭載に対応、構成例価格はCeleron搭載モデルが44,980円から、Core i3搭載モデルが49,980円から、Core i5搭載モデルが54,980円から(いずれも税込み/割引適用後)。Vostro 1550は、オフィス向けとなる15.4型ワイド液晶ディスプレイ内蔵のメインストリーム向けエントリーモデルで、最新CPUを搭載しLenovo G560L互換バッテリーつつ低コストでの導入を実現しているのが特徴だ。


 メモリは最大DDR3 4Gバイト、HDDは最大500GバイLenovo G560G アダプタ

ト、光学ドライブはDVDスーパーマルチドライブを内蔵、IEEE802.11b/g/n無線 LAN/Bluetooth 3.0+HSも利用できる。OSはWindows 7 Home Premium/Professionalを導入可能だ。本体サイズは376(幅)×260(奥行き)×31.5〜34.5(高さ)ミリ、重量(最小構成 時)は2.36キロ。デルは8月23日、23型ワイド液晶一体型デスクトップPC「Vostro 360」を発表、本日より販売を開始する。価格は6万9980円から(キLenovo G560E互換バッテリーャンペーン割引適用後) Vostro 360は、同社製のオフィス向け液晶一体型PC「Vostro 330」の後継モデルで

HP Pavilion dv2100互換バッテリー
、フルHD解像度対応の23型ワイド液晶ディスプレイを標準装備(タッチパネル対応モデルも用意)。CPUはCore i3-2100/i5-2400Sを選択可能だ。


 メモリは最大4Gバイト、HDDは最大1Tバイトを搭載可能で、光学ドライブはDVFujitsu FMVNBP177Dスーパーマルチドライブを内蔵。ほか200万画素Webカメラも標準で利用できる。OSはWindows 7 Professonal 32ビット版/64ビット版。評価機の構成は、Core i7-980X Extreme Edition、メモリ24Gバイト(4Gバイト×6枚)、HDD 2Tバイト(1Tバイト×2台)、ATI Radeon HD 5970、BD-REドライブ、Creative PCI ExpressFMVNBP178 Sound Blaster X-Fi Titanium、USB 3.0 PCI Expressカード、64ビット版Windows 7 Home Premiumという、ほぼフルオプションといえる豪華な内容だった。


 ただし、64ビット版Windows 7 Home Premiumの対応メモリは16Gバイトが上限なのでAcer Aspire AS4250-C52G25Mikk互換バッテリー、PC電源

、実際に利用できるメモリ容量は16Gバイトとなっている。BTOメニューでメモリを選択する際に はちゃんと警告が表示されるが、今回は評価機ということで、この構成のままでベンチマークテストを実行した。Windows 7標準の性能評価機能であるWindowsエクスペリエンスインデasus u41sv-wx036互換バッテリーックスのスコアは右に掲載した画面の通り。プライマリハードディスク以外がすべて最高点 の7.9に限りなく近いスコアとなっている。ストレージ以外は現行で最高速といえるパーツ構成なので当然だろう。


 PCMark05ではGraphicsが20809という突出したスコアをマークしており、フラッグシッasus u41sv-wx036vプGPUの威力の片りんが伺える。一方、 CPUスコアが11512と通常のハイエンドCPU並なのは、マルチスレッド処理に最適化されていない内容がほとんどで、6コア12スレッドの性能があま り生かされないためだろう。 PCMark05よりも新しく、負荷の高い処理を多く含むテストであるPCMark Vantageでもやはり高いスコアをasus u41sv-wx049d互換マークしている。中でもマルチスレッド処理に最適化され、GPU性能も反映されるGamingや、新暗号命令の AES-NIに対応したCommunicationでは特に高いスコアをマークしている。


 16Wayまでのマルチスレッドに最適化されているCINEBENCH R11.5のレンDell Precision M20互換バッテリーダリングテストでは8.83ptという高スコア。Core i7-980X Extreme Editionによる6コア12スレッド同時実行の性能が最も生かせるタイプの処理内容で、こういった処理ではPhenom II X6 1090TやCore i7-860など(どちらもスコアでは5.0pt程度)、一般のハイエンドCPUと比べてもはるかに高速だ。3D描画性能を見るベンチマーAcer Aspire 5570Zバッテリークテストに関しては、DirectX 9世代の3DMark06、DirectX 10世代の3DMark Vantage、どちらも20000を大きく超え、圧巻といえるスコアをマークしている。現行のどんなゲームでも快適にプレイできるのは間違いないところ だ。


 FINAL FANTASY XIV OfficialAcer Aspire 7750ZG アダプタ,PC電源

BenchmarkのスコアはLow設定で5868だった。公式Webサイトの目安では「とても快適」に相当し、描画クオリティを高めに設定してもとても 快適に動作するレベルとされている。一方、FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3のスコアは驚くほどは高くない。DirectX 8.1以前の技術で制作されているため、マルチコアCPUやデュアルGPUの性能が生きないのだろう。DirectX 11世代のゲームタイトルであるColin McRae:Toshiba PABAS078互換DiRT 2のベンチマークテストも実行してみた。1920×1080ドット/4xMSAA、プリセットに「ULTRA」(すべてのオプションを最高)を選択した状 態でアベレージのFPSが90.2と、最新タイトルもフルオプションで快適に楽しめることが分かる。


 評価機ではUSB 3.0 PCI Expressカードを搭載してSony VGP-BPS8Bいたので、USB 3.0のテストも行った。シーゲイトの3.5インチSerial ATA HDD「Barracuda LP(ST32000542AS)」とUSB 3.0変換アダプタ(Donyaダイレクト DN-SATA366)を用意し、これを本製品のUSB 3.0ポートに接続した場合とUSB 2.0ポート(いずれもフロントポートを利用)に接続した場合で、どれだけ性能が異なるのかをCrystalDiskMark3.0の結果で比較した。結 果はそれぞれ以下で掲載した通りで、Toshiba PA3615U-1BRSシーケンシャルリードで約3.5倍、シーケンシャルライトでは約3.8倍もUSB 3.0のほうが高速だった。


ウルトラハイエンドの構成だけに動作音も気になるところだが、アイドル時や低負荷時の静音性はまAcer Aspire 7750Z バッテリー

ずまず優秀だ。暗騒音32デシベル、室温28度の環境で本体正面から20センチの距離に騒音計を置いて測定したところ、アイドル時の騒音レベルは35デシベル だった。たまに発生するHDDのアクセス音が少し気になる(数値上は1〜2デシベル上がる程度)が、20センチくらい離れたところでは、動FPCBP145作しているのが 分かるという程度でしかない。少し負荷をかけた程度ではほとんど変わらなかった。負荷に応じて動作音は大きくなるが、通常の3Dゲーム程度では特にうるさ いと感じないレベルにある。


 ただし、6コアが全開で動作するCINEBENCH R11.5を実行すると、Toshiba PA3615U-1BRM一気にファンの回転が高速になるのが分かった。最初は44デシベル程度だが、テストの後半になるほど動作音が大きくなり、ピーク 時には52デシベルにまで達した。負荷への反応は比較的敏感で、処理が終わるとスッと静かになる。全体に高負荷で負荷が頻繁に変動するような処理内容だ と、少し煩わしい場面があるかもしれない。Acer TravelMate 3040互換バッテリー


プレミアムパッケージの標準構成は、Acer Aspire 7750G互換バッテリーCore i7-960、メモリ6Gバイト、1TバイトHDD、ATI Radeon HD 5870、BD-REドライブ、64ビット版Windows 7 Home Premiumという構成で18万9980円から用意されている。ベンチマークテストを行なった評価機とまったく同じ構成で見積もると38万555円とな る(実際にはメモリ容量で24Gバイトを選ぶと、Windows 7のエディションをProfessionalまたはUltimate変更しないとオーダーできない)。Toshiba PA3732U-1BAS


 標準構成のままでも十分高性能だろうが、せっかくLGA1366プラットフォームを採用しているStudio XPS 9100asus u41sv互換バッテリーを選ぶのであれば、パフォーマンス面ではどん欲にこだわりたい。CPUは4コアよりも6コア、メモリも8Gバイトよりは大きな容量を搭載したい し、やはりUSB 3.0にも対応させたいところだ。というわけで、標準構成と評価機のスペックの間を取り、プレミアムパッケージをベースとして、CPUをCoreasus u41sv-wx031vバッテリー i7-970に、メモリを12Gバイトに変更し、USB 3.0 PCI Expressカードを加えた場合はどうだろうか。この構成では見積もり価格が24万9305円におさまり、性能面を考えるとかなりリーズナブルだろう。


 冒頭にも述べたが、このStudio XPS 9100はCPUだけでなく、Acer Aspire 7741ZG-P604G50Mn互換メモリ、グラフィックス、ネットワークなどにもハイレベルなパフォーマンスを要求するユーザー向きのシステムで、現行最速レ ベルまで到達できる柔軟なカスタマイズが可能だ。ノートPCや一般的なデスクトップPCのパフォーマンスでは満足できないというユーザーは検討してみては いかがだろうか。「Insprion 13z」はAsprie 5570 バッテリー、13.3型ワイドの液晶ディスプレイ(解像度は1366×768ドット)を搭載する1スピンドルノートPCだ。2009年10月に発表された同名モデルから本体のデザインは一新された。最小構成価格は5万4980円から。


 本体サイズは6セルバッテリー搭載時で、332(幅)×241.3(奥行き)×22.2〜34.78(厚さ)ミリAcer Aspire 7750 アダプタ

、重さが約1.90キロ。4セル バッテリー搭載時で332(幅)×241.3(奥行き)×22.2〜22.7(厚さ)ミリ、重さは約1.76キロになる。なお、バッテリー駆動時間は6セ ルバッテリーで約10時間、4セルバッテリーで約6時間という。 CPUは、“Sandy Bridge”世代のCore i3-2330M(2.2GHz)、Sony VGP-BPS8A互換または、Core i3-2310M(2.1GHz)を用意する(量販店モデルではCore i3-2310Mのみ)。メモリは2Gバイト、または、4Gバイトから選択。この場合、どちらもメモリモジュールは1枚となる。HDDは7200rpmで 320Gバイトだ。IBM 08K8194


 本体に搭載するインタフェースは、2基のUSB 3.0にeSATA(USB 2.0兼用)、8-inDell Inspiron 9400互換バッテリー-1カードリーダ、HDMI(ver.1.4準拠)などを備える。無線接続ではBluetoorh 3.0も用意する。 Inspiron 14zは、Inspiron 13zとデザインが共通するボディを採用して14.0型ワイド液晶ディスプレイ(解像度1366×768ドット)を搭載した、2スピンドルノートPCだ。最小構成価格は6万4980円から。Dell XPS M1710 アダプタ
 
本体サイズは6セルバッテリー搭載時で346(幅)×245.5(奥行き)×25.35〜36.35ミリ、重さは約2.01キロとなる。なお、オ プションの4セルバッテリー搭載時で重さは1.92キロだ。バッテリー駆動時間は6セルバッテリーで約8.57時間、4セリバッテリー搭載時で約5.48 時間とされる。


 CPUは、“Sandy Bridge”世代のCore i3-2330M(2.2GHz)を搭載する。 Precision M6300互換バッテリーメモリは4Gバイトでメモリモジュールは1枚。HDDは5400rpmのデバイスで320Gバイト、500Gバイト、640Gバイトから選択できる。 本体に搭載するインタフェースはInspiron 13zとほぼ共通するが、本体にDVDスーパーマルチドライブを内蔵する。なお、カードリーダは3-in-1(SDメモリーカード、メモリースティックHP dv2500互換バッテリー、MMC対応)となる。デルの「Inspiron 15R」は、インテルプラットフォームと15.6型ワイド液晶ディスプレイを採用した個人向けノートPC。AMDプラットフォームを用いた同じ画面サイズの「Inspiron M501R」とともに、5月14日に発売された新モデルだ。


 デルは個人向けのノートPCとして、ゲーミングマシンの「Alienware」、ハイスペック寄りの「Studio」Lenovo G560A互換バッテリー、Netbookの 「Inspiron Mini」もラインアップするが、Inspironはエントリーを中心にミドルレンジまでのユーザー層をカバーするスタンダードモデルに位置付けられる。 Inspironの中でも15.6型ワイド液晶ディスプレイ搭載モデルは、主に家庭内の据え置き型メインPCとして利用される売れ筋の製品だLenovo G560 ダプタ

 なお、2009年1月に発売され、2010年1月にCore iシリーズを採用してフルモデルチェンジした従来モデルの「Inspiron 15」は併売となるので、購入時にはInspiron 15Rと間違わないようにしたい。


 Inspiron 15Rと15はほぼ同じ基本スペックだが、ボディデザインが異なるほかLENOVO S10-3S互換バッテリInspiron 15RはIntel HM57 Expressチップセット、eSATA/USB 2.0共用ポート、IEEE802.11b/g/nの無線LANとBluetooth 2.1+EDRを搭載し、Inspiron 15はIntel HM55 ExpressチップセットとIEEE802.11a/b/g/nの無線LANを備える一方、eSATA/USB 2.0兼用ポートやBluetooth 2.1+EDRを装備しないなどの違いがあ IdeaPad S10-3A互換バッテリー(2010年6月23日現在)。まずは外観から見ていこう。本体サイズは380(幅)×248(奥行き)×20〜32.8(高さ)ミリ、重量は約2.47キロと、15.6型ワイド 液晶のノートPCとしては標準的な大きさだ。ボディに厚みはあるが、底面が前方に向かって絞り込まれており、液晶ディスプレイ部を薄く仕上げつつ、ボトム カバーをブラックで塗り分けてコントラストを付けるなどの工夫によって、見た目にはスッキリしている。LENOVO IdeaPad S10-3 アダプタ


posted by chongtou at 10:48| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月26日

Acer TravelMate 4740 ACアダプタ


 液晶を開くとテンキーまで付いたキーボードが顔を出す。数字や記号、hp pavilion dv7 バッテリーアルファベッドキーのキーピッチは、実測マウスコンピューターの「LuvBook L300」 (以下、LB-L300)は、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載し、CPUに超低電圧プロセッサを採用したいわゆる“CULVノート”のカテゴリに 位置付けられる製品だ。Microsoft Office Personal 2007の有無で2機種が用意されており、92p1163下位モデルは5万9800円とCULVノートの中でも安価な部類に入る。 従来の高価なモバイルPCよりも安く、かつNetbook以上の性能をめざしたこの市場には、PCメーカー各社がこぞって参入しており、薄型化や デザインへの注力など、差別化を図るための戦いが繰り広げられている。その“激戦区”でLB-L300の立ち位置ははたしてどのあたりにあるのだろうか? まずはスペックをチェックしていこう。 CPUにはシングルコア仕様の超低電圧CPUであるCeleron 743(1.3GHz)を採用する。メモリは標準で4Gバイトを内蔵、HDD容量は320Gバイトで、光学ドライブを搭載しない1スピンドル設計となって いる。OSはWindows 7 Home Studio15 バッテリーPremium 32ビット版を導入しており、実際に利用可能なメモリは約3Gバイトだ。


 13.3型ワイド液晶ディスプレイは1366×768ドット表示に対応。2230sバッテリーグラフィックスコアはチップセット内蔵のIntel GMA 4500Mを利用する。ネットワーク機能には、IEEE802.11b/g/nに準拠した無線LANと有線LAN(10/100BASE-TX)を装備。 このほかアナログRGB出力(右側面)、USBポート×3(右側面×1、左側面×2)、4in1タイプのカードリーダーも備えボディは幾何学模様をデザインしたイラスト天板を配置し、パームレストにも同柄のイ=ちやすいので気になる人は、こまめな手入れを心がけたい。


 本体サイズは337(幅)×218Acer TravelMate 4740 ACアダプタ(奥行き)×23.2〜32(奥行き)ミリ、重量は1.88キロと、モバイルノートPCとして用いるにはやや重 めの設計だ。バッテリーは標準で8セルタイプのバッテリーを装備し、動作時間は公称値で最大5.3時間をうたっている。8セルバッテリーは本体外側に張り 出す設計で、奥側に約16ミリ/底側に約20ミリほど出っ張る。利用時にはチルトスタンドのようにキーボードに傾斜がつくため、タイピングのしやすさの面 では有利な半面、Acer 4370 アダプタ,PC電源

カバンなどに入れて持ち運ぶにはこの膨らみが気になるかもしれない。ディスプレイは、アスペクト比16:9となる1366×768ドット表示対応の13.3型ワイド光沢液晶パネルを内蔵する。画面サイズと解像度のバ ランスがほどよくとれたスペックで、文字やアイコンなどの視認性も高い。コントラストや輝度にも不満はなく、Acer TravelMate 8101互換バッテリー光沢パネルとあいまって写真や動画などの見栄 えはよい。


 一方で、テキスト作業やWebブラウジングなどの場合には、光沢液晶の宿命というべき映り込みがやはり気になる。液晶を囲む四方のフレーム部も光 沢塗装となっているので、この印象はより顕著だ。画面の輝度はキーボードショートカットで、計8段階に調整できる。画面はかなり明るいたAsus u43jc-wx041v互換め、適度な照明が あれば最低輝度でも問題なく利用可能だろう。


 なお、ディスプレイの開く角度は実測でAsus u43 アダプタ,PC電源

最大約125度だった。LB-L300を机に置いた時は背面側のバッテリーによってキーボード面がやや傾斜 するため、低めのテーブルに置くなど、使用者がやや上から画面を見下ろす場合は、少々扱いにくいかもしれない。なお、「BBench 1.01」(海人氏作)を用いて実際にバッテリー駆動時間をテスト(10秒ごとにキーボード入力、60秒ごとに無線 LAN(IEEE802.11g)によるWebサイト巡回)したところ、輝度を最高vostro 3300 acアダプタ、電源プランを「High Performance」にした設定でも3時間30分ほど駆動した。実際の利用ではこれ以上にバッテリーが持つと思われ、ちょっとしたモバイル用途であれ ば十分に対応できるだろう。 キーボードはテンキーレス仕様の日本語キー配列で、主要キーのキーピッチは約19ミリでそろえられている。キートップはフラットな四角いデザインinspiron 2200 バッテリー で、キートップ面積は16ミリ(幅)×16.5ミリ(高さ)と、面積が広く入力しやすい。実際にタイピングを試してみたが、キーのタッチはやわらかめで軽 快に入力できた。キー配列もさほど変則的なところはなく、キーピッチが狭くなっているキーは「>」「?」「_」や方向キーなど最小限にとどめられているた め、キー配列にとまどうことはないだろう。タッチパッドは、手前側に2ボタンを備えるオーソドックスなタイプで、dell ?????? E4300タッチ面のサイズは約78(横)×47(縦)ミリだ。パッド部分はパームレ ストから一段へこんでいるが、素材や塗装はシームレスなデザインとなっている。2本指でのマルチタッチ操作にも対応し、上下スクロールや回転操作、ピンチ (拡大/縮小)操作など、Windows 7の標準的なタッチパッド操作にひと通り対応する。


 操作面では、タッチパネル部がパームレストとAspire 3000 バッテリー同様の光沢塗装を施した樹脂製となっているため、指紋の付着や汗をかいたときの指のすべりの悪さがや や気になった。クリックボタンは左右一体型で、左右ボタンがつながっている中央部付近は押し下げられない。このため、やや意識的に左/右端近くをクリック する必要がある。クリック感も若干固めで、体になじむには少々慣れが必要かもしれない。搭載CPUは、超低電圧CPUカテゴリでは下位グループ製品となるシングルコアのbj803aaCeleron 743(1.3GHz)。気になるのは実際のパフォーマンスだが、Windowsエクスペリエンスインデックスのスコアでは、やはりCPUが2.9とやや 低めの値となっている。Webブラウジングや通常の操作などではWindows 7上でもさほどもたつきを感じなかったが、CPU能力に依存する処理(youtubeのHD動画再生時など)はやや心もとない。hp pavilion dv4 acアダプタ


 そのほかのテストとしては、定番ベンチマークテストのPCMark05、3DMark06、LATITUDED630 AC電源PCMark Vantege、FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3での計測も行った(スコアは以下の通り)。グラフィックスコアはIntel GMA 4500Mで、やはり3Dスコアに関しては全般的に伸び悩んでいる。FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3の結果からも分かる通り、3Dゲームの快適なプレイは期待しないほうがいい。その半面、Acer TravelMate 8100 ACアダプタメモリ/HDDまわりのスコアは堅調。レビュー機では内蔵HDD は5400rpmの2.5インチHDD(WDC WD3200BEVT-22ZCT0)を内蔵、足回りに不安はなく軽作業中心の“普段使い”ノートPCとしては安心して利用できる。LB-L300は、一点突破の強烈な“ウリ”はないものの、パフォーマンスや操作性など、全方位でほぼ及第点をクリアしている。大きなウイークポイントをさらさない、したたかな平凡さが身上のモデルといえる。Acer 8100AACアダプタ


 使い勝手の面では、やはりバッテリーパAsus u33jc互換ックのはみ出しが気にかかった。駆動時間とのトレードオフになってしまうが、バッテリーユニットは取り外し可能な設計となっているため、すっきり収まるSサイズバッテリーの販売も望みたいところだ。 いわゆるCULVノートの位置付けは、Atom搭載のNetbookとB5サイズのモバイルノートの中間に位置する隙間のポジションだが、LB- L300はどちらかと言えば「安価なモバイルノート」ではなく、「Netbookの兄貴分」というイメージAsus u33j互換バッテリーがふさわしい。Netbookより少し上の処理 能力とより広い画面サイズがちょっぴり上乗せした値段で手に入る。これまでNetbookを使ってみたのの「もう少しだけ」という思いを抱えていたユー ザーは是非検討して欲しい1台だ。


で19ミリ強と十分なサイズを確保しAsus u33バッテリー ており入力しやすい。ノートPCなのでストロークは浅いものの、打鍵感も悪くない印象だ。ただ、一部のキーが縦長になっていたりといった変則的なレイアウ トをしているため、場合によっては慣れが必要になるかもしれない。また、十字カーソルキーが小さい点も少し残念だ(しばらく試用していて、タッチタイピン グ時に指がカーソルキーを探してしまうことがあった)。これはデザイン上の問題だとは思うが、asus p31互換バッテリーパームレスト部を凹ませる形にしてカーソルキーを大きくして いたら、もっとよかったのではなかったかと思う。MB-T910Bのシンプルさはデザインだけではない。例えば、このクラスのノートPCでは、アプリケーション類を呼び出したりメディアプレーヤー を操作する類のボタンを搭載するモデルもあるが、こうしたボタン類は省略されているasus p31jg-ro199x アダプタ,PC電源

。あくまでもPCとしての基本性能を追求し、余計な機能を省いたシンプ ルさはMB-T910Bの随所に見られる。もっとも、前述したスペックで10万円を切る9万7860円という価格であることを考えれば不満はないだろう。Toshiba PA3399U-1BRS互換


 各種コネクタ類も“必要十分”といった構成で、USBポートが全部で3ポート(うち1つはeSATA共用)とやや控えめな印象Sony VGP-BPS13B/Q互換だ。端子の配置は本 体右側面に2ポート、左側面にeSATAと共用の1ポートと振り分けられており、使い勝手はいい。ただ、USBの周辺機器を多く所有している場合はUSB ハブを利用するなどの対応が必要になる。個人的には背面にあと1ポートくらいあればうれしかった。そのほか、インタフェース類としてはCompaq Presario CQ62互換バッテリー、左側面にアナログRGB、ギガビットLAN、HDMI、ExpressCard /34スロット、4 in 1のメモリーカードスロットがそれぞれ1基ずつ並んでいる。右側面には、前述したUSBポート以外にヘッドフォンとマイク用のミニジャック、光学ドライブ としてDVD±R DL対応DVDスーパーマルチドライブという構成だ。また、本体底面のmini PCIExpressスロットCompaq Presario CQ72 ACアダプタ

には、IEEE802.11a/b/g/n対応のIntel Centrino Advanced-N 6200が装着され、さらに液晶パネル上部中央に130万画素のCMOSセンサーを搭載したWebカメラを持つ。


 内蔵バッテリーは11.1ボルトで容量は5100mAhだ。メーカー資料によればAsus N73JQこれで約3.75時間駆動できるとしているが、このサイズのノー トPCをバッテリー駆動するような使い方はほとんどないと思われる。むしろ考え方を変えて、突然の停電でも3.75時間は電源が落ちない無停電電源装置 (UPS)を搭載していると思えばいいだろう。なお、液晶ディスプレイの可動範囲は、実測値で100度ほどだが、机上で使うのならこの程度の角度で十分だ ろう。これまで紹介してきたように、MB-T910Bは同クラスのノートPCに比べるとasus p31sd-ro132x互換バッテリー、機能やインタフェース面ではややシンプルな印象を受ける。ただしその一 方で、CPUとGPU、メモリやHDD容量といった、PCで最も重要な部分と言える基本性能に関しては、しっかりとツボを押さえている。メインメモリは2Gバイト×2の4Gバイト(SO-DIMM/PC3-10600)とasus p41jg互換バッテリー、64ビット版Windows 7 Home Premiumが快適に動作できる容量を標準で搭載し、HDDも標準で500Gバイト(Serial ATA)を備える。さらにBTOメニューには、さらに高速なSSDのオプションも用意されている。


 なお、メモリ用のDIMMスロットは、本体底面のカバーを止めているネジを外すとアクセスできる。asus p41sj互換DIMMスロット脇にCPUとPCHが配置され、冷却ファンから銅製のヒートパイプが伸びており、CPUとPCH、GPUを冷やす仕組みだ。 DIMMスロット同様、HDDが格納される底面部もカバーをネジ2本で外すことができ、HDD自体も簡単に着脱可能だ。ノートPCながらメンテナンス性は高く、将来的に安価なSSDを入手して自分で交換するAcer Aspire AS5741-N32C/KF互換バッテリー、といったことも容易に行える。ちなみに、冷却ファンはネジ7本で固定されているだけだし、CPUはPGA988ソケット(rPGA 989/988 CPU Socket)に装着されているので、ArrandaleのBGA988版Core i7 Mシリーズなど、上位のCPUが将来的に入手できれば(保証外ではあるが)自分で交換することさえできる。ノートPCながら、CPUアップグレードの可能 性がある点では非常にユニークな製品と言えるだろう。MB-T910Bは標準Acer Aspire AS5741-H54D/SFアダプタ,PC電源

で64ビット版のWindows 7 Home Premiumが搭載されている(BTOメニューで32ビット版やほかのSKUを選択することも可能)。Windows 7のエクスペリエンスインデックスの結果は、最低スコアがHDDの5.8、CPUが6.9、グラフィックスは6.6と、Windows 7を快適に使うのに十分な性能が持っていることが分かる。asus p41sv互換


 性能をより詳細に計測するため、PCMark05、PCMark Vantage(x64)、3DMark06Dell 互換 1501バッテリー、3DMark Vantage、FINAL FANTASY XI Official Benchmark 3といったおなじみのベンチマークテストも実施した。なお、3DMark Vantageでは最低でも1280×1024ドットの解像度が必要になるが、MB-T910Bの内蔵液晶の最大解像度が1366×768ドットのため、 外部ディスプレイに接続して行っている。また、Dell Inspiron E1505 アダプタ64ビット版のWindows 7ではPCMark05の総合スコアが出ないため、計測出来たスコアのみ掲載している。


 なお、ベンチマークテスト実行中の動作音は、非常に静かな通常時の動作音に比べると、Asus X72互換冷却ファンの回転音が聞き取れる程度までは上がる。ただし、 自宅の深夜などよほど静かな環境でなければ気にならないレベルだ。また、排気口から暖かい空気が出るが、これも排気口が背面側にあるので大きな問題はない だろう。
 ベンチマークテストの結果だが、Asus X72DR互換3Dグラフィックス性能に関しては、オンラインゲームを始めとした現行の3Dゲームなら、各種効果をフルに有効に してというわけにはいかないものの、標準設定なら十分プレイできる性能を持つ。また、CPUに関してPCMark05のCPU Test Suite、PCMark Vantage(x64)のCommunications Suite、Productivity Suiteの結果から、オフィスソフトやWebブラウジング、動画鑑賞といった使い方なら不満のないパフォーマンスを持っていることが分かる。Asus X72F互換バッテリー


ただ、ほかのパフォーマンスが十分に高い分、HP Pavilion dm3互換バッテリーHDDのスコアが低いのは少し気になるところだ。例えば、同じCPUとGPUをベースにSSDを搭載し た製品と比較した場合、Windowsの起動時間やアプリケーションの起動、データの読み出しなどで違いは出る。もっとも、いったん起動してしまえば4G バイトのメモリ容量を余すことなく利用できるので、そこまで体感差を感じることはないかもしれない。また、BTOメニューには80Gバイト/160Gバイ トのSSDも用意されているのでFujitsu FMVNBP146、パフォーマンスを追求したいときはSSD、容量を優先するならHDDを選べばよいだろう。もちろん、本機のHDDは比較 的容易に交換できるので、将来SSDの容量が増えかつ安価になったときに自ら載せ換えてしまってもいい。


 以上のように、IBM ThinkPad R40 バッテリーMB-T910Bは安価ながらも十分な性能を備えたコストパフォーマンスの高い製品だ。機能面やインタフェース回りはシンプルな印 象もあるが、こうした点を念頭に入れておけば、非常に魅力的な選択肢と言える。15.6型ワイド液晶ディスプレイを内蔵する本体にあわせて、テンキー付き のキーボードが搭載されており使い勝手もいい。これから迎える新生活にあたって、価格が手ごろな省スペースデスクトップPCやフルサイThinkPad Z61e 互換バッテリーノートPCを購 入したいと考えているのなら、MB-T910Bを是非検討して欲しい。


また、負荷が高いといわれるFINAL FANTASYLenovo U110 バッテリー XIVも、解像度の調整を行うことでプレイは可能だと思われる。今後登場してくるDirectX 11対応の3Dゲームも低解像度なら動くだろう。こうしたスコアが出ているのは、CPU性能だけでなく外部グラフィックスのRadeon HD 6730Mがかなり優秀であることを意味している。なお、登場したばかりのPCMark7 Basic Editionも試してみたが、総合スコアは1948となった。


 これだけの性能を持ちながら、標準構成で8万円を切る7万9800円という価格設定は非常に魅力的といえる ThinkPad SL300 バッテリー。BTOでは、前述した高速SSDをは じめ、Core i7-2620M(2.70GHz)といった高クロックなCPUも用意されており、自分の用途にあわせてシステム性能をさらに引き上げることもできる。ま た、PowerPlayによって4時間以上のバッテリー持続時間が確保できるので、突然の停電など万が一のHP Mini 311バッテリー場合でも安心だ。デスクトップPC代わりになる ノートPCを探している人、パワフルなノートPCが欲しい人は、是非検討候補に入れておきたい。


posted by chongtou at 12:25| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年03月23日

デル アダプタ inspiron1564


ここではバッテリー駆動時間計測ソフトのBBench 1.01(海人氏作)Lenovo IdeaPad S205 バッテリーを用いてテストした。BBenchの設定は、10秒ごとにキーボード入力、60秒ごとに無線LANによるインターネット巡回(10サイト)を行うというものだ。 Windows 7の電源プランは、HP独自の「HP推奨」(液晶の輝度70%)と「省電力」(液晶の輝度40%)の2パターンで計測した。いずれも満充電の状態からテストを開始し、mt3hjバッテリー残量がなくなり、シャットダウンするまでの時間を計測している。

 テスト結果はHP推奨設定で6時間58分、省電力設定で7時間54分と、DELL D420 バッテリー薄型軽量のUltrabookではかなり粘り、優れたスタミナを見せつけ た。輝度40%の設定でも一般家庭の照明下で表示内容を十分確認できる明るさだ。これなら、モバイル環境でもかなり余裕を持って使えるだろう。薄型軽量のUltrabookでは性能に加えて、放熱設計も大切だ。HP Folio 13-1000はCPUとチップセットの発熱をヒートパイプでVOSTRO1200対応 AC電源接続した薄型ファンによって放熱するスタンダードな冷却機構を採用する。


ファンの排気口は背面に用意し、底面の奥に吸気口を設けることで40y6799 互換、狭いボディ内部のエアフローを確保している。机上で底面の吸気口をふさがないよう に、吸気口の隣には横長のゴム製フットスタンドが備え付けられており、底面にわずかなすき間ができるよう工夫が見られる。そのため、ヒザの上などで長時間 使って、底面の吸気口をふさがないよう注意したい。HP Folio 13-1000を樹脂製のデスクに設置し、ボディ各部で最も高温になる場所の表面温度を放射温度計で計測してみたASUS A42-U31 バッテリー。計測したのはYouTubeで480p の動画を30分間再生し続けた場合と、システムに高い負荷がかかる3DMark Vantage(Entry設定)を30分間実行した場合の2パターンだ。テスト時はACアダプタをつなぎ、電源プランはHP推奨にセットし、無線LAN 機能はオンにした。室温は約18度とやや低い。


 テスト結果は良好だ。寒い季節で室温が低かったこともあるが、d5561低負荷時は排気口付近とその直上のキーボード奥が少し温かくなる程度で、操作時に手 が触れるパームレストやタッチパッドは低温に保たれていた。高負荷の状態が続くと、底面と背面の通風口付近を中心に温度が上昇するが、それでもパームレス トやタッチパッドが熱くて不快になることはなかった。 続いて動作時の騒音レベルも調べてみた。騒音計のマイクは本体の手前5センチと近い位置に設置している。室温は約18度、hp pavilion dv6 バッテリー環境騒音は約29デシベ ルと静粛な環境だ。計測したのは、アイドル時、YouTubeでの480p動画再生時、3DMark Vantage CPU Test実行時、3DMark Vantage Graphics Test実行時の4パターンだ。


 テスト結果は、システムへの負荷に応じた変化が見られた。hp 4510s バッテリー 価格アイドル時や低負荷時はファンが低速で回転し、エアコンなどの家電が動作している室内で は意識しないと気づかない程度だ。システムの負荷を高めると、ファンの回転数も上がり、ピーク時は40.2デシベルまで騒音レベルが上昇した。この状態で はファンの回転が少し気になってくるが、騒がしいほどではなく、そのぶんボディの発熱は抑えられている。この手の薄型軽量ノートPCとしては、無理のない 放熱設計で、asus battery U36J適切にファンコントロールが行われている印象だ。


以上、2回に渡ってHP Folio 13-1000を多角的にチェックしSony VGP-BPS13た。競合機種をしのぐ低価格のため、本体の薄さや重さ、基本スペックといった数値では、Ultrabookとして突出 したところがないように思えるかもしれないが、実際にしばらく使ってみると、そつのない作り、トータルバランスのよさに感心させられる。 ボディは剛性や長時間のバッテリー駆動、無理のない放熱機構を確保したうえで、十分持ち歩ける薄さと軽さにまとめており、高速な128Gバイト SSDとCore i5-2467MHP ノート用バッテリ 8710Wの搭載でレスポンスに不満はなく、13.3型ワイド液晶や使いやすいバックライト付きキーボードも搭載するど、実用重視で手堅い作り だ。


 これが7万9800円で手に入るのだから、dell latitude x1 バッテリー約1.5キロという重量さえ許容できるならば、13.3型Ultrabookとしての高いコストパ フォーマンスは疑いようがない。これほどの低価格設定はワールドワイドでトップシェアのPCメーカーならではで、国内メーカーが追従するのは困難だろう。夏にはCPUにIvy Bridge(開発コード名)を採用した次世代Ultrabookの登場が控えているが、この安さでこの完成度ならば、今すぐ買ってみたくもなるのではな いか。予算をできるだけ抑えつつdell latitude e5510、即戦力になる薄型軽量モバイルノートを探しているユーザーにとって、とりわけ強い魅力を放つ1台だ。


液晶ディスプレイは13.3型ワイド、解像度は1366×768x61 バッテリードットと標準的だ。液晶パネルは光沢仕様なので、設置場所によって映り込みは発生する。輝 度は11段階に調整でき、最大輝度はかなり明るい。黒の締まりはもうひとつで、色味はややあっさりしているが、モバイルノートPCとして視認性は及第点と いえる。ノートPC用のTNパネルなので、上下方向の視野角はやや狭いが、液晶ディスプレイのチルト角度を正しく調整すれば問題ない。サウンド面にもこだわっており、dell latitude d530内蔵ステレオスピーカーの容量不足を補うため、高音質化技術の「Dolby Advanced Audio」を組み合わせている。実際、薄型軽量ノートPCの内蔵スピーカーとしてはかなり音量が大きく、この手の製品のスピーカーにありがちなチープさ はない。Ultrabookではスピーカーが底面側に内蔵され、ボディ表面に開口部がないような製品もあるが、a32-k53HP Folio 13-1000はスピーカーを液晶ディスプレイのヒンジ部に内蔵しているため、こもった感じがしないのもポイントだ。

キーボードは同社が「浮き石型」と呼ぶアイソレーションデザインasus pl32-1005を採用する。主要キーのキーピッチは約19×19ミリ、キートップは約15×15ミ リ、キーストロークは約1.7ミリと十分なサイズだ。キートップが白く光る視認性の高いキーボードバックライトを装備しているのはありがたい。 最上段のF1〜F12キーは、ディスプレイ輝度やキーボードバックライト、音量、無線通信、外部ディスプレイ出力、ヘルプのstudio1747 バッテリーショートカットキーに なっており、fnキーと同時に押すことでファンクションキーとしての機能を利用できる(BIOSセットアップでfnキーと同時押しでショートカットキーを 使うように設定変更も能)。


 日本語配列のフルサイズキーボードはレイアウトに無理がなく、ASUS M6B00N右下の上下カーソルキーが細くなっている以外は問題ない。海外製Ultrabook の中には、日本語キーボードのレイアウトに難があるものも見られるが、この辺のローカライズがしっかりしているのはさすがHPだ。 キーの反発はやや軽めで、力を入れなくても楽に入力できる。キートップはふらつかずに安定して押すことが可能だ。強い力で入力するとキーボード中央部が少しへこむものの、通常は気にならないレベルといえる。総じて入力しやすい。inspiron1720 アダプター


タッチパッドは左右のボタンを一体化した、いわゆるクリックパッドだ。デル アダプタ inspiron1564パッドの下方を押し込むことで、左右のクリックが行える。タッチパッドの操作 中に誤ってクリックさせないためか、ボタンはやや硬めだ。タッチパッドのサイズは100(横)×62(縦)ミリと広く、表面はスルスルと指の滑りがよい。 外付けマウス利用時などは、タッチパッド左上のマークをダブルタップすることで、タッチパッドを無効にできる。Dell Inspiron 700m 電源アダプタタッチパッドにはシナプティクスの多機能ドライバが導入されている。2本指を使った上下/左右のスクロール、画像の回転、拡大/縮小、3本指を 使った進む/戻る、登録したアプリケーションの起動、4本指を使ったアプリケーション切り替えなどのマルチタッチジェスチャーを利用可能だ。


日本HPは1月19日、2012年PC春モデルとして“Ultrabook”カテゴリの新シリーズ「HP Folio 13」を発表したhp バッテリー dm1。同社直販サイト「HP Directplus」専売で価格は7万9800円。2月初旬に発売する。 HP Folio 13は、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載するモバイル機だ。外装にアルミニウム、底面にマグネシウムを用いたフルメタルボディは、最薄部が約18ミリと薄く、本体重量は約1.5キロに抑えている。


 基本スペックは、CPUがCore i5-2467M(1.6GHz/最大2.3GHz)、LATITUDE E5400 バッテリーメモリが4Gバイト(PC3-10600/メモリスロットは1基で最大4Gバイト)、ストレージが 128GバイトSSD、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000。13.3型ワイド液晶は1366×768ドット表示に対応し、バックライト付きの日本語85キーボードはピッチ19ミリ、ストローク1.7ミリ を確保したアイソレーションタイプとなっているインタフェースはnx9040バッテリー、SD(SDXC)/MMC対応のメモリカードスロットをはじめ、USB 3.0とUSB 2.0を各1基、HDMI出力と音声入出力を備える。ネットワーク機能は、ギガビットLANとIEEE802.11 b/g/n対応無線LAN、およびBluetooth 4.0。液晶上部に約92万画素のWebカメラも内蔵する。


 本体サイズは、318.5(幅)×220.2(奥行き)×18〜20.3ミリ、重量は約1.5キロhstnn-lb42。標準で約9時間のバッテリー駆動が行える。OSは64ビット版のWindows 7 Home Premium(SP1)だ。HP Pavilion dm4-3000は、ホームモバイルに適した14型ワイドサイズの新シリーズだ。モバイル性を追求しつつ、メインPCとしても使える基本性能や、 Beats Audioスピーカーとサブウーファーによる高い音質など、エンターテイメント性も備えている。FMV S8250 バッテリー アルミニウム製の天面とパームレストにヘアライン加工を施した外観は、従来の14型ワイドモデル「dv4-3100」に比べて、奥行きが10ミリ、液晶ディスプレイを開いたときの高さが30ミリほどコンパクトになり、重量も約2キロと約280グラム軽くなった。


 量販店向けモデルの基本スペックは、CPUがCore i5-2450M(2.5GHz/最大Toshiba PA3534U-1BAS3.1GHz)、メモリ4Gバイト、HDDが750Gバイト、光学ドライブとしてDVDスーパーマルチドライブを備 える。14型ワイド液晶の解像度は1366×768ドット、グラフィックスはCPU内蔵のIntel HD Graphics 3000を使う仕様だ。一方、直販の「HP Directplus」 モデルは、上記スペックからストレージが20GバイトSSDと500GバイトHDDを組み合わPABAS099互換せた構成になり、グラフィックスにディスクリートのAMD Radeon HD 7470M(1Gバイト)を採用する。ストレージはSSDをキャッシュとして使用し、HDDの読み込み速度を向上するインテルのスマート?レスポンス?テ クノロジーに対応(OSからは500GバイトHDDとして認識される)、通常のHDDに比べて起動時間が半分以下に短縮されるという。


インタフェースは共通で、SD(SDXC)/MMCに対応するメディアカードスロットをはじめ、 PA3682U-1BRS互換バUSB 3.0×2、USB 2.0×1、アナログRGB出力、HDMI出力、音声入出力などを搭載。ネットワーク機能として、ギガビットLANとIEEE802.11b/g/n対応 の無線LAN、およびBluetooth 3.0を備える。本体サイズは340(幅)×228(奥行き)×24.5〜34.5(高さ)、重量は約2キロ。OSは64ビット版Windows 7 Home Premium(SP1)だ。Toshiba PABAS098互換価格は量販店向けモデルが10万5000円前後、直販モデルが7万9800円から。ともに2月下旬より発売される予定だ。


昨今、PCは数万円台からとかなり安価に購入できるようになっている。Compaq バッテリーその導入のしやすさから、PC各メーカーは4万〜6万円台で展開するベーシッ クモデルも主力の1つに据え、「満足できるデザインと普通の性能を備え、かつ安価であればそれに越したことはない」と考える一般ユーザー層に訴求してい る。


 日本ヒューレット?パッカード(以下、日本HP)Lenovo バッテリーの「HP Pavilion dv4-3100」 (以下、dv4-3100)はこのような層に対し、家庭内で自由に移動しながら使う“ホームモバイルに最適”とするポイントで訴求する新シリーズだ。日本 では少し珍しい14型ワイドの液晶ディスプレイと重量2.28キロのボディ、Sandy Bridge世代のCPU、外部GPU(スイッチャブルグラフィックス仕様)、中長時間動作のバッテリー、光学ドライブを内蔵して4万9980円から (BTO対応標準構成例の場合)と、Fujitsu FPCBP97かなり手ごろな価格帯を実現する。日本HP、外部GPU搭載の14型モバイルPCなどノートPC夏モデル


 dv4-3100は、標準構成例でPentium B940/2GバイトメモリFujitsu FPCBP97AP互換/250GバイトHDD/DVDスーパーマルチドライブの仕様で4万9800円から展開するモデルだが、今回はよりパフォーマ ンスに優れる“売れ筋の構成”としたCore i5-2410M(2.3GHz/最大2.9GHz/Hyper-Threading Technology対応)/4Gバイトメモリ/500GバイトHDD/BD-ROM+DVDスーパーマルチコンボドライブを搭載する仕様のルビーレッド カラーの評価機でその実力を検証する。Dell Inspiron 15zバッテリー


 なお、BTO対応モデルは“(2011年7月30日現在)好評につき、一時お取り扱い停止中”というステータスだが、Asus K72DY今回の評価機と同じ仕様のお勧め構成モデル「ルビーレッド?ブルーレイROMモデル(dv4-3117TX)」などが7月末より順次同社直販サイト「HP Directplus」で販売が再開された。ルビーレッド?ブルーレイROMモデルの価格は6万3000円だ。


まずは外観から。dv4-3100はルasus K72F互換ビーレッドとエスプレッソブラックの2色を用意する(エスプレッソブラックは、同じくお勧め構成モデルに、光学ドライブのみDVDスーパーマルチとして5万9800円とする「エスプレッソブラック?DVDモデル」 が存在する)。評価機で採用するルビーレッドは深みのある上品な赤の調色で、なかなかきれいであざやかなカラーだ。独自のHP Inprintテクノロジーを用いて花火をイメージした模様を再現しつつ、キズに強く長期に渡るAcer BTP-B2J1使用でも塗装がはげにくい加工が施してある。ルビーレッド の花火模様は、男性にはちょっと……と思ってしまいがちだが、実機に触れると意外にそうでもない。ブラック系より明るめ色調である分、光沢ボディでも指紋 や皮脂の付着が比較的目立たたない。とりわけオシャレを気取ったり、誰かにアピールしたいわけではないが「そんな私でも、たまには赤もよさそう」と思えて しまう上品なトーンは好印象だ。
LENOVO IdeaPad S10-3A互換バッテリー

14型ワイドの液晶ディスプレイは、1366×768ドットとノートPCとしては標準的な解像度をサポートする。表面は光沢仕上げ、小さすぎず大きHP EH767AA すぎない適度な画面サイズにより、写真や映像といったエンターテインメント系コンテンツもひととおり自然に楽しめる。視認性は標準的で、蛍光灯下の屋内環 境において輝度を最大(11段階に調整可能)にすると明るすぎるほど。普段は5〜7段階程度の輝度と、より省電力な動作状況で使用HP EH768AA互換バッテリーするとちょうどよさそう である。


 キーボードは同社が“浮き石型”と呼称する、テンキーレスのアイソレーションHP EH768UT互換タイプを採用する。主要キーで標準19ミリの正方ピッチを実現し、 Enterキーの右側にHome/Page UP/Page Down/Endキーを配置する。キーストロークは約2ミリ、キートップは16ミリ角サイズだ。標準ピッチのキー間隔により、軽めのタッチで違和感なく自 然に操作できる。強く押し込むとキーボード面が若干たわむ点、HomeキーがBackSpaceのHP HSTNN-DB22互換左、Deleteの下にあり、文字消去時に誤操作してし まいやすい点、カーソルキー(特に上下)が小さく、やや操作しにくかった点は気になったが、こちらは慣れの範囲だろう。なお、日本語配列ながらスペース キーが幅約77ミリ(主要キーの4つ+α分)と比較的長めにとられており、日本語変換時に操作しやすい印象を受けた。


また、LEDの情報表示インジケータがほどよく目に付かないのも印象がよいバッテリー HP HSTNN-DB23 。普段は小さい電源LEDの点灯のみ(消音/無線LANオフ時はF11、F12 キー上の赤色LEDも点灯)が視認でき、点滅するHDD動作や充電中を示すインジケータは本体の右側面にある。こちらは視認性や派手さの演出面で賛否ある が、過度なLEDの演出は照明を落とした室内など、利用シーンによってわずらわしく感じることがある。こちらは、Dell 1570 ACアダプタ Inspironルビーレッドカラーで外観のあざやかさを 演出する半面、利用者の使い勝手を意識したユーザーフレンドリーな配慮も感じ取れる。

タッチパッドは87(横)×43.5(縦)ミリのセンサー面に標準的な2ボタンを備える仕様で、使い勝手に困る部分はない。Synaptics製ド ライバ(V.7.5)が導入され、2本指や端をなぞって操作するスクロール、つまむ動作で縮小、3本指で戻る/進むといったマルチタッチでのジェスバッテリー Dell Inspiron 1470チャー 操作にも対応する。また、タッチパッド機能はタッチパッド左上のダブルタップで手軽にオン/オフできる。


 搭載インタフェースは、低価格志向のモデルながらもかなり充実している。本体前面にALTEC LANSINGブランドのステレオスピーカー、本体左側面に光学ドライブ、USB 2.0×1、マイク/ヘッドフォン入出力、右側面にアナログRGB、1000BASE-T準拠の有線LAN、HDMI出力、Dell Inspiron 17 (1764)バッテリーマルチメモリカードリーダー、 USB 3.0×2、盗難防止ロック用スロットを備える。ベーシックモデルながら2つのUSB 3.0とHDMI出力を普通に用意する点は、2011年に購入するPCとしては抜かりのない仕様である。



posted by chongtou at 11:07| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。