2012年02月29日

ASUS F3H AP005C互換バッテリー

スリムタワーとはいっても、Alienwareブランドの一員であるDell Inspiron DUOバッテリー。当然、製品を選ぶうえではゲーミングPCとしてのパフォーマンスが重要だ。そこで、プレミアムモデルで各種パフォーマンステストを実施した。まずはWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアを見ていこう。プロセッサは7.4、グラフィックスは7.5、メモリは7.4、プライマ リハードディスクは5.9となっている。メモリは変則的な6Gバ PA3331U-1BRS互換バッテリーイトの構成だが、7.4のスコアを確保した。グラフィックスがプロセッサのスコアを上回 り、トップになっている点に注目したい。コンパクトボディでこの描画性能は、さすがにAlienwareだ。

 次に各種ベンチマークテストの結果だ。総合的なパフォーマンスとしてはASUS F3H AP005C互換バッテリー、CPUより新型グラフィックスカードの恩恵がかなり高いといえる。3Dゲーム系のテスト結果を見ると、DirectX 9ベースのテストに関しては、何ら問題なくプレイできるレベルだった。そうしたゲームタイトルをフルHDの高解像度で十分楽しめるだろう。一方、新世代の DirectX 11ベースでのテストに関しては、スコアASUS F3H-AP041C アダプタ,PC電源 もガクンと落ちていることから分かるように、解像度を下げるなりしないと満足にプレイできないかもしれない。 以上、Alienware X51を一通りチェックした。直販価格は今回テストしたプレミアムモデルが8万9980円、下位のSony vgp-bps2c互換スタンダードモデルが7万9980円、上位のプラチナモ デルが10万4980円だ。このスタイリッシュなコンパクトボディに、3Dゲームが存分に楽しめるグラフィックスカーを装備でき、7万円台〜10万円台 半ばという価格ならばアリだろう。


 ハードゲーマーにはハイエンドな構成が可能なAlienware Auroraを強くおすすめするが、3DゲームをバリバリとプToshiba pabas123レイしつつ、通常のPC利用も快適にこなせるメインマシンとしての小型デスクトップPCを求 めるならば、X51はうってつけだ。リビングで大型テレビの横に置き、大画面でゲームやPCのコンテンツを映し出して利用するのは実に気持ちいい。ソニーが1990年代に国内販売していた電子ブックプレーヤー。多くPA3612U-1BRS互換バッテリーの機種が2つ折りできるクラムシェル型のボディを採用し、8センチCD-ROMで供給される電子ブックを読み込んで利用するスタイルで、検索をメインとする辞書や語学学習などの分野で人気を博した。


 写真の「DD-S35」はDATA DiscmanDell Inspiron N4030D アダプタ,PC電源シリーズで最後に生産完了となったモデルで、フォーマットはEB、EBG、EBXAのほか、1998年に策定された拡張規格のS-EBXA にも対応する。電子ブックは「広辞苑第五版&リーダーズ英和第2版?新和英」と「マイペディア&漢字源」の2枚が添付する。本モデル以降、電子辞書はよりコンパクトで電池寿命が長いICタイプ「DD-ICシリーズ」へとシフトし、そのCタイプも2006年までに生産を完了し たため、本製品の流れをFujitsu 3S4400-S1S5-05バッテリー直接汲む電子ブックプレーヤー/電子辞書は同社のラインアップの中には存在しない(同社からは2004年にBBeBフォーマットに 対応した電子書籍端末「LIBRIe(リブリエ)」が発売されているが、本シリーズと直接の関連はない)。ちなみに「電子ブック」はソニーの登録商標。


日本ヒューレット?パッカード(HP)は、同社初のUltrabook?「HP Folio13-1000」を2012年2月2日に発売HP ED06DF互換バッテリーする。2012年PC春モデルの目玉機種ということもあり、発売前から高感度なPCユーザーの話題を集めている新製品だ。 HPといえば、ワールドワイドでシェアNo.1※、つまりこの地球上で最も多くの人に選ばれている“世界標準”のPCメー カー。その高いシェアを生かした世界規模の部品調達によって、ショップブランドPCなどにも対抗できる低価格でありながら、高性能?高品質も兼ね備えると いう優れたコストパToshiba PA3331U-1BASフォーマンスを実現している。


 もちろん、HPは日本でのPC展開にも積極的だDell Inspiron N4030 アダプタ

。国内でのHPは、デスクトップPCやワークステーションをわざわざ東京都内の工場で生産すること で、高い信頼性や手厚いサポート体制を築いてきたほか、昨今は日本人のセンスに合ったスタイリッシュな製品群の展開や、AKB48を起用した大胆なプ モーションで一般の認知度も急速に高めている。さらに個人向けノートPCも昨年12月から東京生産を開始し、まさに“旬のPCメーカー”といえるだろう。 そんな同社が初めAsus A41-UL50て投入するUltrabook?のHP Folio13-1000は、こうした“HPのうま味”が濃厚に凝縮された薄型軽量ノートに仕上がっている。


 厚さ18〜20.3ミリの薄型フラットボディに、LENOVO G460 アダプタ

公称約9時間のバッテリー駆動、SSDの標準搭載による高速な起動やレスポンスといった高いモバ イル性能を獲得し、13.3型とゆとりのある液晶ディスプレイやフルサイズキーボードも装備しつつ、直販価格で7万9800円にまとめてきたのだ。これは もう、驚異的なコストパフォーマンスというしかない。今回はその実力をじっくりと追っていこう。まずは、Ultrabook?という言葉をおさらいしておきたい。Ultrabook?とは、イLenovo G560互換バッテリーンテルが2011年5月末に構想を明らかにし、数年をかけてその進化を提唱していく新カテゴリーのこだ。


 既存のノートPCが持つ性能と機能に加えて、タブレット端末のハンディさを薄型軽量ボディに凝縮し、ASUS F3J互換バッテリー長時間のバッテリー駆動、高い応答性、高度なセキュリティ機能、そして普及価格帯での提供を目指している。HP Folio13-1000を含む現在のUltrabook?はその第1世代にあたり、CPUに超低電圧版の「第2世代インテル? Core?プロセッサー?ファミリー」(開発コード名:Sandy Bridge)を採用しているHP EliteBook 2730p アダプタ

。通常電圧版のCPUに迫る性能を持ちながら、熱設計電力(TDP)を通常の35ワットから17ワットに引き下げることで、 高い応答性や長時間のバッテリー駆動、本体厚21ミリ(0.8インチ)未満の薄型ボディまで備えていのが特徴だ。それでいて、従来のモバイルノートPC に比べて低価格帯をキープしているのが新しい。


 Ultrabook?は一過性のトレンドではなく、インテルが3億ドル規模の「Ultrabook?基金」を設立し、Dell Inspiron N4020互換バッテリー2012年末までにコン シューマー向けノートPCの40%がUltrabook?に移行すると予測していることからも、その本気ぶりがうかがえるというもの。春の新生活を控え、 これからノートPCを選ぶならば、今後の標準になり得るUltrabook?をまず検討してみてはいかがだろうか。さて、HP Folio13-1000に話を戻そうHP COMPAQ 6730b ACアダプタ

。HP Folio13-1000の大きな見どころ、その1つは洗練されたボディデザインにある。HPはかねてからノートPCのデザイン向上に注力しており、今で は各社がこぞって採用しているフィルム転写技術による個性豊かなデザインパターン展開や、ファッションデザイナーとのコラボレーションモデルなどを率先し て手がけ、PCデザインの新たな潮流を作り出してきたことは記憶に新しい。


 HP Folio13-1000の外観は1枚板のDell Inspiron 14V互換バッテリーようにほぼフラットで、シルバーとブラックのツートーンを採用するといった、モバイルノートとしてスタンダード な装いだ。多彩な外装を模索し、一周まわってか、最近のHPはシンプルで上質といったコンセプトのデザインが増えている。一見すると普通に思うかもしれな いが、いつまでも飽きの来ない普遍的でミニマルなデザインを意識しており、機能美の観点から細部までよく練られている。 具体的には、ASUS F3Ja アダプタ,PC電源

ボディの素材として、天面とパームレスト面にアルミニウム、本体のボトム側にマグネシウム合金を採用することで、薄さ、軽さ、頑丈さ、そして高級感という持ち歩くノートで大切な要素を満たしている点に注目したい。


 特に天面とパームレストFPCBP155面は黄みがかった落ち着いたトーンのシルバーで、近くで見ると、上品なヘアライン加工が一面に施されているのに気づく。天 面とパームレストはユーザーがよく触れる部分で、人の目にもとまりやすいところだが、これらに触れる度に金属の上質な感触が伝わり、しかも表面は指紋や汚 れが付着しにくいため、使い込んでも美しい外観を保てるだろう。一方、液晶ディスプレイのフレーム部と、本体側面から底面にかけてはマットな質感HP G72互換バッテリーのブラックで構成されている。シルバーとのコントラストが薄さを強調しつつ、持ち運び時にはしっとりと手によくなじむ。


持ち運び時に気になる本体サイズは、318.5(幅)×220.2(奥行き)×18〜20.3(高さ)ミリ、ThinkPad X220 アダプタ量は約1.5キロだ(実測値もほぼ公 称値通りだった)。13.3型モバイルノートPCとして標準的なフットプリントにおさまっており、ボディが薄くフラットなことから、ブリーフケースのよう な薄いバッグへの出し入れもしやすい。ここでノートPCに詳しい方は、Ultrabook?のメリットである軽さや薄さに目立ったところIdeaPad S205アダプタ

がないと感じるかもしれないが、特にモバイルノートの場合、軽さや薄さといった要素は、バッテリー駆動時間や堅牢性、放熱性とともに考える必要があるだろう。


 HP Folio13-1000の場合、公称のバッテリー駆動時間は約9時間HP COMPAQ NX9040 アダプタ

(MobileMark 2007の結果)と、Ultrabook?ではかなりのスタミナを誇る。また、ボディ全体の剛性感が高く、急にバッグから取り出して天面の端を持って液晶 ディスプレイをガバッと開けたり、使用中にパームレストの端を握って持ち上げて移動したり、といったシーンでも薄型ボディのたわみは感じられず、液晶ディ スプレイのヒンジもしっかvgp-bps2aり固定されたままだ。放熱面では薄型ファンを内蔵しつつ、底面に吸気用スリットを設けてエアフローを強化しており、高負荷時でも ユーザーの手が触れるパームレスト周辺は発熱しにくい。


 対して、むやみに薄さと軽さを最優先すると、とかくバッテリー駆動時間が削られたり、Latitude E6420 ATG互換バッテリー、上記のような動作でボディがゆがみ、液晶がふらつくなどの貧 弱さを感じる場面も少なくない。また、ボディが熱しやすくて長時間の運用や高い負荷がかかる作業では不快になることもあるだろう。のようにHP Folio13-1000の薄さと重さは、性能に加えて、バッテリー駆動時間や剛性、安定動作にも気を配り、Asus A32-UL50互換コストも含めてバランスを最適化した1つの結 論なのだ。世界中のさまざまな人々が使うことを想定し、見た目と使い勝手の両面を追求した優れたボディデザインといえる。


近ごろはテレビにオーディオ機器をつないでいるというASUS F3Jc互換バッテリー家庭も多い。また、写真を撮ってMacBook Airに取り込んで誰かと集まったときに見たいなら、大画面のテレビを活用したいところ。というわけで、アップルのネットワークメディアプレーヤー「Apple TV」の出番だ(8800円)。 Apple TVが何よりすばらしいのは設定の簡単さで、iTunesの画面で出力先を切り替えるだけで、Apple TVにつないだテレビから音楽が流れるという点。写真はアップルのクラウドサービス「iCloud」ASUS F3JF(後述)でネットに転送すれば、MacBook Airを起動してなくても閲覧が可能だ。


 iPhone/iPadにも対応しており、写真/音楽/ビデオに加えて、再生しているYouTubeの動画をApple TVに飛ばして見るというAcer Aspire 5100 互換バッテリー芸当もできてしまう(ただし、いざ使おうと思ったらアップデートの画面が出現し、そんなときに限ってApple TVのリモコンが見つからずに実行もキャンセルもできず頭を抱える、なんてこともある)。ともあれ、買って後悔のないアイテムの1つだ。5)スタンドMacBook AirはスリープさせたASUS F3Jp互換バッテリー状態でACアダプタ/ディスプレイ/キーボードやマウスを接続すると、本体を閉じたままでも外部ディスプレイに映像を出力して利用 することができる(クラムシェルモード)。外ではノートPC、家ではデスクトップPCというような使い方が実現できるわけだ。そんな際、スタンドがあると ビューリフォーに配置できるというわけ。そこで以下のアイテムをオススメしたい。


MacBook Airのトラックパッドは大型で、モバイルPCにしてはかなり使いやすいASUS F3Jr アダプタ,PC電源

。とはいえ、Photoshopで画像100枚を切り抜きしたり、細かい照準が必 要なFPSゲームで遊ぶようなシチュエーションでは「マウスが欲しい……」と心から願うことも多い。そこで選びたいのが、マウスやトラックボールだ。どれにしようか迷ったら、とりあえずアップルの「Magic Mouse」をポチってしまおう。ただ、長年アップル関連で取材をしてきた限り、1日数十時間単位でMacに接してる人の中にはトラックボールをASUS F3Jv選んでる人も多かった。


基本スペックについてもUltrabook?として、ASUS F3Jm互換バッテリーバランスがよく整っている。Windows 7標準の性能評価機能であるWindowsエクスペリエンスインデックスのスコアを見ても、メモリやディスクの7点台をはじめ、良好な成績だ。このスコア から、Windows 7を快適に扱えることが分かる。 本体価格をグッと抑えながら、CPUはしっかり「インテル? Core? i5-2467M プロセッサー」を採用。デュアルコアで4スレッドの同時処理ができ、しかも「インテル? ターボ?ブースト?テクノロジー 2.0」によAcer as10d71互換バッテリーって、PCに負荷がかかる場面では自動的に動作クロックが定格の1.6GHzから最大2.3GHzまで瞬時に引き上げられる。前述の通り、 TDPが17ワットと低い省電力型CPUなので、パフォーマンスと消費電力低減(さらには、それによる放熱面での優位性やバッテリー駆動時間の延長)が同 時に果たせる点に注目だ。Acer as10d61


 これと組み合わせるチップセットは「モバイル インテル? HM65 Express チップセッAcer as10d51 アダプタ,PC電源

ト」を選択し、グラフィックス機能はCPU内蔵の「インテル? HDグラフィックス3000」を利用と、信頼性の高いシステム構成となっている。メモリはDDR3タイプ(PC3-10600)で4Gバイト、ストレージはSSDで128Gバイトと、十分な容量かつ高速だ。ストレージにHDD ではなくSSDを採用することで、Windows 7やアプAcer as10d41互換バッテリー、用ACアダプタリケーションの起動、スリープ状態からの復帰が速いのはありがたい。特にスリープからの復帰は高速で、液晶を開いたら一瞬で画面が表示される。 SSDはHDDに比べて消費電力が低く、振動や衝撃にも強いため、持ち運んで素早くさまざまなタスクをこなすことが要求されるUltrabook?に欠か せないデバイスといえる。


ディスプレイ出力はもはやテレビでもディスプレイでも標準的になったHDMIを採用し、2in1メディDell 8T273互換アスロット(SDHC/SDXC対応のSDメ モリーカード/MMCを利用可能)に、高速なUSB 3.0とUSB 2.0を1基ずつ、ヘッドフォン出力/マイク入力兼用ポート、有線LAN(RJ45)、そして約92万画素のHD対応Webカメラ「HP TrueVision HD Webcam」を装備する。長期の運用で128GバイトのSSDが容量不足になっても、USB 3.0の高速な外付けHDDにデータを逃がせばよいだろう。 薄型軽量のUltrabook?としては充実した端子類だFujitsu FMVTBBP101が、これらにすべて標準サイズのコネクタを採用しているのはうれしい。薄さを最優先した モバイルノートPCでは、汎用性の低い小型のコネクタを搭載し、外付けのアダプタ経由で標準サイズのコネクタに変換するものも散見されるが、こうした製品 では外付けアダプタも携帯する場合が出てくるため、本体がいくら薄くてもFujitsu FMVTBBP103互換バッテリートータルでの携帯性は下がってしまう。


 細かいところだが、薄さを保ちつつ、標準サイズのコネクタをなんとか敷き詰めることにより、外出先Apple A1045でちょっとディスプレイ出力したくなったシーンなど、どこでも入手しやすい汎用のケーブルで対応できるのは便利だ。また、通信機能はIEEE802.11b/g/nの無線LAN、ギガビットLAN、Bluetooth 4.0を網羅しており、高速な有線LAN環境へのアクセス、ワイヤレスマウスとの接続も容易だ。無線WANやWiMAXのオプシApple A1148互換ョンはないが、必要とあら ば、普段利用するエリアに応じて適宜モバイルルータやテザリング対応スマートフォンと組み合わせて対応できる。
 ディスプレイは1366×768ドット表示の13.3型ワイド液晶パネル(光沢仕様)を採用する。Windows 7搭載モバイルノートPCでは最もポピュラーな画面サイズと解像度だ。より高解像度の環境を求める向きもあるだろうが、画面の広さと表示の細かさのバラン スがよく、幅広いユーザー層をLenovo G560A互換バッテリー想定した選択といえる。ディスプレイの輝度は十分高く、視認性に不満はない。


 

 HPはノートPCのオーディオ環境向上にも意欲的だが、薄型軽量ボディのHP Folio13-1000でも健闘している。Lenovo G560E バッテリー液晶ディスプレイヒンジ部にステレオスピーカーを内蔵し、小型スピーカーの音量不足や表現力低下を補うため、 高音質化技術の「Dolby Advanced Audio」を盛り込んでいるのだ。そのため、薄型軽量ボディとは思えない迫力のサウンドが楽しめる。複数人でPCを囲み、動画付きのプレゼンでサウンド を流すといった用途でも十分使えるだろう。そもそも、こうした薄型軽量ノートPCではスピーカーがモノラルだったり、ステレオでも設計の関係でスピーカーが底面に追いやられて開口部さえないものも見られる。Fujitsu 63GP550280-3Aこうした中、限られたスペースで少しでも音質を向上させようという工夫を採り入れてきたのは見事だ。


製品カタログのスペック表では分からない魅力は、キーボードにも見られるFujitsu L50-3S4000-C1L1互換バッテリー。「浮き石型」と呼ばれるキートップのみを露出させたキーボードは、シャープなデザインでボディとの相性がよい。キーとキーの間隔を離すことで、ミスタイプを減らせるというメリットもある。主要キーのキーピッチは、約19×19ミリのいわゆるフルサイズを確保しており、パームレストも広めだ。大人の男性が窮屈な思いをせず、無理なく 入力できるだろう。日本語キーボードのレイアウトも自然で、キーストロークLenovo FRU 42T4751互換は約1.7ミリと、この手のフラットなキーボードとしては十分なタッチ感が味わ える。暗所HP Mini 110互換バッテリーで各キーの配置が容易に確認できるキーボードバックライトの内蔵も見逃せない。総じて、薄型のキーボードユニットながら、しっかり安定して長文 が打てる実用的な作りだ。


 タッチパッドもデザインがいい。左右のボタンをタッチパッドと一体化することで

Fujitsu FMVTBBP105
、ミニマルなデザインの構築に一役買っている。タッチパッドの下方 を押し込むと、左右クリックになる仕組みだ。タッチパッドは指の滑りがよく、サイズが広いので、2本指や3本指を使ったマルチタッチジェスチャーによる操 作にも余裕がある。また、机上で外付けマウスを使う場合などは、タッチパッド左上のマークをダブルタップすれば、タッチパッドを無効化でき、配慮が行き届 いている。


posted by chongtou at 11:35| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ASUS F3E互換バッテリー

p>2011年の年末商戦に合わせて、Amazonは199ドルというASUS F3 アダプタ,PC電源

“戦略的価格”で「Kindle Fire」を市場に投入した。同社のWebサイトにおいて、ホリデーシーズンのベストセラーとなったKindle Fireは、「iPadの好敵手がようやく登場した」と認識されている。しかし、そこには“Android”という言葉は出てこない。Amazonのお膝 元である米国シアトルから、“ごくごく普通の人々”が注目した Lenovo ThinkPad X61s ACアダプタタブレットデバイスユーザーの“現状認識”を紹介しよう。


 iPadにしてもKindle Fireにしても、IT関連の記事で登場するのは、この種の製品に強い興味を示しHP Pavilion dv4 アダプタ、豊富な知識を持つユーザーがほとんどだったりする。しかし、マーケット でより多くのボリュームに影響するユーザーはまた別にいる。ということで、ここでは、新し物好きのいわゆるガジェットオタクではない、“主婦”などの米国 に住む普通の人々にiPadとKindle Fireに対する認識を聞いてみた。dell パソコンバッテリー 回答してくれたのは全員米国人で、ほとんどがシアトル在住だ(1人だけカリフォルニア州在住の女性がいた)。 Kindle Fireを自分で購入したユーザー以外に、ギフトとして入手したユーザーもいる。


ごく普通の人々は、読書、Webブラウズ、メール以外にも、ネットショッピング、Dell M5701ストリーミング動画の視聴、そして、ゲームといった幅広い用途で Kindle Fireを利用している。電子ブックビューアに限らず、普通のタブレットデバイスと変わらない。ただ、彼らの多くが、「3G機能がない」「Kindle Fireで使えるアプに制約がある」「なにをやるにしてもAmazonの独自ブラウザを経由しなければならない煩わしさ」などをマW01A-J24Aイナスポイントとして 挙げている。とはいえ、おおむね満足しているようだ。


 「自分はiPadをメインに使っているが、夫がKindle Fireを使っているASUS F3E互換バッテリー」という女性が「Kindle FireはiPadよりコンパクトでいい」というように、本体サイズにおけるKindle Fireの優位性は、今回取材に応じてくれた全員から聞かれた。長時間片手で持って読書をしたり、キッチンで使ったりする場合には、7型ワイドという液晶 ディスプレイサイズがちょうどいいという。


 本体サイズについては、持ち運ぶときに小さなバッグにも容易に入るという視点も多くの女性がKindle Fireを支持すFMW45BP1る理由のようだが、意外なことに男性ユーザーからも、サイズはKindel Fireがいいという意見が聞かれた。「2キロ近くあるノートPCがモバイルPC」というように、デバイスに対するサイズの感覚が日本とだいぶ異なる米国 のユーザーも、タブレットデバイスではコンパクトであることを求めるのは、興味深い。Lenovo 3000 N500 互換バッテリー 一方で、自分でKindle Fireを購入したのではなく、ギフトとして贈られたユーザーも少なくない。彼らに、ギフトとして入手していなかったら、Kindle FireとiPadシリーズのどちらを購入したか質問してみると、全員が、Lenovo IdeaPad G430 バッテリKindle Fireを購入すると答えた。理由は、圧倒的な低価格と、使い勝手のいいサイズだ。iPadをメインで使用している女性もやはり、「iPadを持っていな かったらKindle Fireを購入するわ」と答えている。


 取材したKindle Fireユーザーに「Kindle Fireと同じ価格で、Toshiba PA3191U-4BRS機能もほとんと同じだが、名の知られていないメーカーの製品があったら、購入を検討するか」と聞いてみると、全員が「検討しない」 と考えているのも興味深い。実際に店舗に赴いて別メーカーの製品と比較してKindle Fireが最もいいと判断したユーザーもいれば、「名前が知られていない“メーカー”の製品では、それがどんなに優れた性能と機能を備えていても、おそら く購入を検討しないだろう」と答えたユーザーもいた。SAMSUNG NP-RV520E互換バッテリー


 Amazonに対するこの全幅の信頼は、Kindleの成功SAMSUNG NP-RV520Iによるところが大きい。質問に答えてくれたユーザーの何人かはKindleを所有して いて、その使い勝手に非常に満足している。また、Kindleを所有していないユーザーも、所有している人から評判を聞いていい印象を持っていたという。 オンラインショップ最大手のAmazonという企業に対する米国人の信頼度も高い。これは、ユーザーの取材をした同社お膝元のシアトルに限ったこ とではない。米国でインターネットが使える HP FN04環境にある人で、Amazonで買い物をしたことがないという人はほとんどいないだろう。


 アクセスすればすべてがそろい、ワンストHP QK648AAップショップとしての製品ラインアップの充実度に加え、納期、ていねいな梱包、アフターサービス、返品対 応に至るまで、Amazonは抜かりがない。これらは日本で生活していると当たり前に思うが、米国では、これらがすべて完璧にできる企業というのは非常少ない。そうなると「Amazonで扱っている商品なら安心」という意識が消費者に生まれる。この強力な「ていねいで確実で安心できるAmazon」のブランドイメージを背景に、HP 614564-751衝撃的な(少なくともタブレットデバイス関連企業には)低価格で登場したKindle Fire。売れないはずがないのだ。


米国のごく普通の人々は、どのような理由でiPadでDell P5413互換はなくKindle Fireを選んだのだろうか。自分でKinde Fireを購入したという女性は「購入であまり深く考えたわけではない。最初はT-Mobileのタブレットデバイスを候補にしていたが、月々のネット チャージを支払いたくなかった。また、特にアップルのファンでもないので、iPadはまったく考慮しなかった」という。Kindle Fireの決め手は「Amazonは、Kindleで素晴らしい仕事をした。そのAmazonが、Kindleに新たHP Pavilion dm4アダプタ

な機能を追加した製品を発表したと聞 いて、試したかった」と語っている。その評価軸が、アップルとAmazonを同じタブレットデバイスのメーカーとして比べているのが面白い。 AppleとAmazonはそれぞれタブレットと電子書籍リーダー領域の巨人だが、製品の新規性と中古価値ではiPadに軍配が上がるかもしれない。最近の調査リポートはiPadがKindle製品よりも価値があるということを示唆している。HP Pavilion dm3互換バッテリー


 さて、これらのデバイスの持つ価値とはどのようIdeaPad U350 互換バッテリーなものだろうか。AppleのiPadは購入から1年後に初期投資コストの半分の価値を失う一方、Kindleは同じ期間で75%の価値を失う。同様にKindle電子書籍リーダーは中古品マーケットでiPadよりも急速にその価値を失いつつある。Kindle 3(Kindle Keyboard)はClaiglistやEbayでたった16ドルで販売されている。Amazonが同製品を自社サイトで139ドルで販売していることを考えてみてほしい。以上を考慮するとKindleの価LENOVO ThinkPad X220互換バッテリー下落のスピードはApple iPadに比較して22%速いということになる。


 「Kindleは現在入手可能な複数モデルが頻繁に IdeaPad S9e アダプタ値下げされており、これが中古品価格下落の大きな原因になっています」と電子機器中古販売業者 Gazelleの幹部、アンソニー?スカーセラ氏は述べた。「これと同じことがAndroidベースのスマートフォンとiPhoneの間にも起きており、 iPhoneは販売1年後にその価値の60%を維持するのに対してAndroidベースのスマートフォンは良くて40%ほどとなっています」。


 Appleは来月新生iPadを発売しようとしており、これにより旧バージョンの中古品販売は大幅ASUS F3E-AP073C アダプタ,PC電源

に増加するだろう。しかし、Kindle Fireタブレットは発売からまだ4カ月しか経過しておらず、中古品価格はまだ判明していない。偶然にも、Kindle FireはApple iPadの最大の競合製品であり、中古品マーケットでAmazonタブレットがiPadと比較していかほどに査定されるのか興味深い。デルのゲーミングASUS F3F互換バッテリーPCブランド「Alienware」は、ゲームを存分に楽しむための仕様が魅力だ。そのラインアップは、モバイルノート型からミドルタワー型まで多岐に渡るが、いずれもハイスペックなパーツをこれでもかと搭載できるように、大きめのボディを採用している。また、単に大きいだけでは面白みがないということで、ブランドイメージに合った直線的で重厚なボディデザインや、さまざまな色で光り輝くイルミネーション機能などを採り入れ、Apple M8433既存のハイスペックPCとの差異化を行ってきた。


 そんなAlienwareの新モデルが、スリムタワー型の「Alienware X51」だ。これまでのデスクトップ型はAcer UM08B74巨体を高性能の証しとして、むしろ誇っているかのようだったが、X51では一転、シリーズ史上最小サイズのデスクトップマシンに仕上げている。 X51の基本構成は上位から順に「プラチナ」「プレミアム」「スタンダード」の3モデルだ。今回はそのど真ん中となるプレミアムモデルを入手したので、さっそく各所をチェックしていこう。X51の魅力は何といっも、そのコンパクトボディ。本体サイズが95(幅)×318(奥行き)×3acer al10b3143(高さ)ミリのスリムタワー型ボディは、前 面に緩やかな傾斜を付けつつ、エイリアン(グレイ)の頭部を思わせる特徴的なエンブレムと側面を斜めに走るスリットが、デザインのアクセントになってお り、まるで家庭用ゲーム機のようだ。Xbox 360やプレイステーション 3と並べて、Acer AS09D70リビングの大型テレビの横に置いてあったとしても違和感がない。重さも約5.49キロからと、デスクトップPCの割には軽量だ。


 実際、テレビの横にゲームコントローラーが差さった状態でX51がAcer Ferrari 1003 アダプタ

置いてあったら、「何これ? 新しいゲーム機?」と聞かれてもおかしくはない。 また、PCに詳しいヘビーユーザーがX51を見たとしたら、Alienwareのロゴを見て「おぉぉぉ! 何これ?」といった驚きの声を上げてしまうほど クールだ(何を隠そう。これが筆者の最初の反応だ)。 独自の統合管理ソフト「Alienwareコマンドセンター」にあるツール「AlienFX」を使えば、8000通りものイルミネーションパターンを設 Acer Aspire 3100 アダプタ

定することが可能だ。AlienwareコマンドセンターにはAlienFXのほか、特定のゲーム専用環境を構築していつでも呼び出せる 「AlienAdrenaline」(エイリアン?アドレナリン)、電力を効率よく管理しながら最大のパフォーマンスを引き出す 「AlienFusion」(エイリアン?ヒュージョン)といった、ゲーミングPCらしASUS F3F-AP007H互換バッテリーいツールが搭載されている。X51はマザーボードを含めてmini-ITX仕様だ。マザーボードはAlienware向けの完全オリジナルとみられる。マザーボード上にPCI Expressスロットを用意して、そこに拡張カード類を装着するのではなく、ライザーカードにPCI Express x16スロットを設け、このライザーカード経由で2スロットを専有するような大型のグラフィックスカードが装着できるように工夫している。省スペーHP G62互換バッテリース重視 のボディに強力なグラフィックスカードを詰め込むためのアイデアだ。


 mini-ITX仕様の小型デスクトップPCでは、Toshiba PABAS100PCI Express x16スロットが存在していてもロープロファイル仕様の低速なグラフィックスカードしか装着できないことも多いが、ここはさすがゲーミングPCの Alienwareで抜かりはない。ただし、2スロットを専有する大型グラフィックスカードが装着されてしまうため、ほかの拡張カード類は装着できない。プレミアムモデルとプラチナモデルが採用するグラフィックスカードは、X51と同時に発表されたNVIDIAの新型GPUである「GeForce FUJITSU FPCBP200GTX 555」を搭載したものだ(グラフィックスメモリはGDDR5 1Gバイト)。数字を見るとミドルレンジGPU「GeForce GTX 550 Ti」の上になっており、パフォーマンスもGeForce GTX 550 Tiを上回るとされる。CUDAコア数がGeForce GTX 550 Tiの192基に比べて288基と多いので、パフォーマンス的にもミドルレンジから上と考えていいだろう。下位のスタンダードモデルは、GeForce GT 545(GDDR5 1Gバイト)と搭載GPUがワFUJITSU FPCBP200AP互換バッテリーンランク下がる。


 X51ではこれに加えて、CPU内蔵のIntel HD GAsus A31-U53互換raphics 2000も利用しており、背面のHDMI 1.4出力から外部ディスプレイに接続できる。さらにNVIDIAのOptimus Technologyにも対応しており、外部グラフィックスと内蔵グラフィックスをリアルタイムで自動的に切りえながら利用することが可能だ。


 mini-ITX仕様でミドルレンジクラスのグラフィックスカードを採用するとなると、電源容量も気Dell J2328になるところ。X51はコンパクトなボディを 実現するため、大きなACアダプタを採用しており、容量は330ワットを確保する。容量が足りなくて、システムが不安的になるようなことはなさそうだ。近ごろ、Macユーザーの激増には目を見張るものがある。人が集まる会合に出席すれば誰かれとなく「MacBook Air」をかばんから取り出すしDell F0590互換バッテリー、喫茶店でリンゴマークのノートPCを見かけることも珍しくなくない。


 約15年前、ベージュボディのころに初めてMacを買った筆者としては、こんなに街中にアップル製品があふAcer Aspire 3102互換バッテリーれているのが、奇跡のように思えてなら ない(ジョブズ氏がかけた10年マジックですね。ちなみに筆者が初めて購入したMacはPerforma 5430。割と“ニワカ”だったりします。でも通しで20台以上は買いました)。


 というわけで、そんな続々増えつつある初めてDell 9T686互換バッテリのMacユーザーに少しでもMacの楽しさを理解してもらえればという趣旨で、連載が始まることにな りました。初回は「MacBook Airと使いたい基本のハード10&ソフト10」。WindowsからMacに乗り換えたり、初めてのパソコンとして買ってもらったりした際、何を追加す ればいいのか想像すらできないもの。奇をてらうことなく、割と定番で固めたので、ぜひ参考にしてみてください。MacBook Airは内蔵フラッシュスVGP-BPS13B/Sトレージを交換できないため、写真や音楽などどんどん溜め込んでいくとすぐに埋まってしまう。内蔵フラッシュが壊れるリスクに備 えてバックアップするためにも、外付けHDDは必須だ。3.5型HDDのほうが安いものの、バスパワー駆動にSony VGP-BPS13B/Q互換対応した2.5インチモデルのほうがACアダ プタの取り回しを考えなくていいので楽。最低500Gバイトはほしいところで、できれば1Tバイトあるとうれしい。MacBook Airを買って、自宅で有線LANを使うというのはかなりナンセンス。無線LANルーターも優先度が高いアイテムだ。アップル製品Toshiba PA3536U-1BRSで選ぶなら、「AirMac Expressベースステーション」(8400円)あたりがお手軽。


 ほかのパソコンを有線LANでつなぎたいなら「AirMac Extremeベースステーション」 pa3641u-1bas互換(1万5400円)、NASとしても使いたいなら「Time Capsule」(2Tバイト/2万6400円〜)が選べる。市販の無線LAN機器と比べると高価なのだが、OS Xに入ってる「AirMacユーティリティ」で設定できたりしてMacとの親和性が高い。出先にMacBook Airを持ち歩いていると、いちいちACアダプタも抜いて携帯するのが面倒になってくるので、もう1つ買ってかばんに常時入れておく、という境地に達しが ち。Macの電源アダプタはToshiba pa3641u-1brs互換、Mag Safe端子の特許をアップルが取っていて他社に供与してないため、純正アイテムしか存在しない。電源アダプタには45ワット/60ワット/85ワットと3タイプあって、MacBook Airなら一番小さな45WでOK(6800円)。ただ、後々、MacBook Proに買い替えるかもしれないという人は、85Wタイプ(7800円)HP 614565-721を買ってそちらを家や職場の据え置きにするといいだろう。CPUはTDP(熱設計電力)が95ワットのデスクトップPC向け第2世代Core i5/i7(開発コード名:Sandy Bridge)を採用する。


 スタンダードモデルとプレミアムモデルが搭載するのは、Core i5-2320(3.0GHz/最大3HP ED03互換バッテリー.3GHz/6Mバイト3次キャッシュ)だ。コア数は4つだが、Hyper-Threadingには対応しないた め、スレッドの同時実行数は4つとなる。Turbo Boostには対応しており、動作クロックは最大で3.3GHzまで上昇する。データストレージは3.5インチのHDDを内蔵する。容量は全モデルで1Tバイトに固定されており、ほかの容量や高速なSSDを選べなpa3905u-1brsいのは少々物 足りない。今回入手したプレミアムモデルは、シーゲイト製のBarracuda 7200.12(7200rpm)を装備していた。 光学ドライブはノートPC向けのスリムタイプで、DVDスーパーマルチを採用。スロットインタイプの光学ドライブを用いることにより、前面をスッキリまとめつつ、上質感を演出している。プラチナモデルはBD-ROMドライブの選択も可能だ。HP ED06066互換バッテリー


 インタフェースについては、アクセスしやすい前面に2基のUSB 2.0と、ヘッドフォン出力ASUS F3F-AP010H互換バッテリー、マイク入力の端子を装備。背面にはグラフィックスカード搭載の映像出力を除き、HDMI出力、4基のUSB 2.0、2基のUSB 3.0、ギガビットLAN、光デジタル音声出力、同軸デジタル音声、アナログ音声出力を備える。通信機能はIEEE802.11a/b/g/n準拠の無線 LANモジュールも標準搭載だ。 PS/2やIDEのインタフェースは省かれASUS F3Hアダプタ,PC電源

、ハードウェア制御にBIOSではなくEFIを用いており、完全なレガシーフリーPCとなっている。 ゲーミングPCとして見た場合、PS/2ポートがないため、キーボードの“全キー同時押し”への対応を求めるコアなFPSユーザー向きではない点に注意し たい。ASUS F3H AP003Cアダプタ


 一方、最上位のプラチナモデルはCore i7-2600(3.4GHz/最大VGP-BPS13B/B互換3.8GHz/8Mバイト3次キャッシュ)を搭載する。こちらは4コア/8スレッド対応のCPUだ。いずれもCore i5/i7ではエントリークラスのモデルとなる。チップセットはIntel H61 Expressを採用する。メインメモリはデスクトップ用のDIMMを使っており、小型ボディだからといってノート用のSO-DIMMといったことはな い。マザーボード上のDIMMスロットは2基だ。メインメモリの容量はスタンダードモデルが2Gバイト×FUJITSU FPCBP215AP互換バッテリ2枚の4Gバイト、プレミアムモデルが2Gバイ ト+4Gバイトの合計6Gバイト、プラチナモデルが4Gバイト×2枚の8Gバイトとなる。いずれもDDR3-1333対応だ。 プレミアムモデルの場合、メインメモリが2Gバイトと4Gバイトの変則的な組み合わせになっているが、メモリのそれぞれ2Gバイトぶんまでがデュアルチャネル、Apple M8956それ以上の部分がシングルチャネル動作となる。ほかの2モデルはすべてデュアルチャネル構成だ。


 ボディは縦置きも横置きも可能で、Alienwareのエンブレムも設置方向に合わせDell 8Y849互換て縦と横に向きを変えられるのは気が利いている。加えて、 Alienwareには欠かせない光のイルミネーション機能も健在だ。X51の場合、本体面に設けられたスリット部分とAlienwareエンブレムの 目が光るようになっている。


posted by chongtou at 11:32| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年02月24日

ASUS M70Sa互換バッテリー


このコンセプトの一環として、ICONA TAB A100には、ASUS G50VT-X6 アダプタ,PC電源

手塚治虫氏の全作品を購読できる「手塚治虫マガジン倶楽部」の48時間無料体験アプリケーションを標準構成で導入する。手塚治虫マガジン倶 楽部は、手塚プロダクションが運営する会員制のサービスで、月額1050円の有料会員になると、収録されている手塚治虫作品をすべて読むことができる。ほ かにも、動画コンテンツを購入できる「ICONILatitude E6220互換バッテリーA medelia2U」、ゲームを購入できるNVIDIAの「TegraZone」、オンラインゲームポータルの「GREE」へのショートカットアイコンも 用意する。


Acerは、CeBIT 2011で行ったプレスカンファレンスにおいて、これから投入する予定のノートPC、タブレットデバイスDELL Latitude E6420互換バッテリーを展示した。そこで紹介された製品には、AMDの “Fusion”APUでTDP9ワットのモデル「Ontario」こと「Cシリーズ」を搭載したタブレットPCとクラムシェルタイプのモバイルノート PCや、デザインを重視した薄型ノートPCのラインアップ「Aspire Timeline X」Acer Aspire 4743Z バッテリーで第2四半期に投入される新しいシリーズなど、CeBIT 2011で初めて公開されたモデルも多数確認できた。


 Aspire Timeline Xの新シリーズは、L09S6Y14ボディデザインとインタフェース仕様が共通する、液晶ディスプレイサイズ違いの「5830T」(15.6型ワイド)、「4830T」 (14型ワイド)、「3830T」(13.3型ワイド)をそろえている。ボディデザインは従来のAspire Timeline Xから変更され、いずれも「Ice Blue」というデザインコンセプトに基づいて構成している。天板やパームレストのカラーは薄紫に統一され、そのほかの部分もアルミニウムのシルバーで覆 われる。lenovo ideapad s205 バッテリーキーボードもアイソレーションタイプに変わった。


 内部のプラットフォームは、いずれも“hp 484170-001Sandy Bridge”世代のCoreプロセッサー?ファミリーで、GPUもNVIDIAのGeForce GT 540M(グラフィックスメモリ2Gバイト)を内蔵する。出荷開始は2011年の4月を予定しているという。「Aspire 7745G」「Aspire5745G」はともにBlu-ray Discドライブ搭載の高機能AVノートPCで、それぞれ17型/15.6型ワイド液晶を内蔵。Core i7-720QM搭載の「AS7745G-N78H/L」「AS5745G-N74E/L」、およびCore i5-450M搭載の PA3682U-1BRS互換「AS5745G-N54E/L」の3製品をラインアップ、グラフィックスコアはそれぞれMobility Radeon HD 5850/GeForce GT 330M/同 310Mを利用可能となっている。予想実売価格は17万9800円前後/13万9800円前後/10万9800円前後。 W4FYY


 スタンダードノート「AS5741」ASUS G71互換バッテリーシリーズには、新色となるブラックモデル計4製品「AS5741-N54E/K」「AS5741-N54E /KF」「AS5741-N32D/K」「AS5741-N32C/KF」を追加。基本仕様は従来モデル同様で、CPUはCore i5-450M/i3-350Mを搭載した。予想実売価格はそれぞれ8万9800円前後/10万9800円前後/7万4800円前後/8万9800円前 後。Aspire Timelineシリーズには、Core i5搭載/8時間駆動対応モデルの「AS3820T-N52B」を追加。液晶ディスプASUS M70 バッテリーレイは13.3型ワイド液晶を内蔵する。予想実売価格は7万9800円前後。


 モバイルモデルのAspire oneシリーズには、Celeron U3400搭載モデルの「AO753」IdeaPad S10-3S互換バッテリー、Atom455搭載の「AOD260-N51B」を用意。カラーバリエーションとOfficeの有無により、それ ぞれ6モデル/4モデルをラインアップしている。予想実売価格はAO753-N32Cが5万9800円前後〜7万9800円前後、AOD260-N51B が3万9800円前後〜4万7800円前後だ。このほか、日本エイサーは、デスクトップPCでハイエンドモデルAcer Aspire 4750 アダプタ,PC電源

「Aspire AM3450」、ゲーミングPCの「Aspire Predator AG3610」、省スペースモデルの「Aspire AX1930」(20型ワイド液晶ディスプレイ付属モデル)、「Aspire AX1930」(PC単体モデル)の4モデル、ホームサーバで「Revo Center RC111」を投入する。「Aspire AM3450」では、AMDが未発表の「8コア」CPUと「AMD 980G」チップセット採用する予定だ。VGP-BPS13B/S


 また、ノートPCでは、17.3型ワイト液晶ディスプレイ搭載の「Aspire AS7750」、15.6型ワイド液晶ディスプレイ搭載で3色のカラーバリエーションを用意する「Aspire AS5750」、バリュークラスの「Aspire AS5733」、13.3型ワイド液晶ディスプレイを搭載して9時間のバッテリSony VGP-BPS13B/Qー駆動を可能にした「Aspire Timeline X AS3830T」の4モデル、Netbookの「Aspire one AOD257」を投入する。


 Aspire Timeline Xは、薄型軽量で長時間バッテリー駆動時間を重視するモバイルノートPCのラインアップで、そのコンセプトHP BQ349AA バッテリーはUltrabookと重複する。それぞれの “すみ分け”について、チャン氏は、「デザインを重視するユーザーはUltrabookを選ぶだろうし、バッテリー駆動時間とCPUの性能(S3はTDP 17ワットのCPUを採用し、Aspire TimelineはTDP 35ワットのCPUを採用する)を重視するならAspire Timelineが適していFPCBP145る。価格もAspire Timelineが2〜3万円ほど低く設定している」と述べている。


開幕前日の事前公開で、MSIのブースに“Ontario”こと、AMDのAPU“Fusion”で省電力モデル「Cシリーズ」Toshiba PABAS098を採用したタブレッ ト“PC”が登場したが、Acerのプレスカンファレンスでも、Ontarioを搭載するタブレットPCとクラムシェルタイプのノートPCが展示されてい た。クラムシェルタイプのノートPCは「Aspire one 522」で、10.1型ワイド液晶ディスプレイ(解像度は1280×720ドット)を搭載して、APUにC-50を採用Dell 5YRYV互換バッテリー。APUに統合されるグラフィック スコアはRadeon HD 6250になる。システムメモリとしてDDR3を1Gバイト載せ、データストレージには、250GバイトのHDDを内蔵。OSは32ビット版の Windows 7 Starterを導入する。


タブレットタイプの「ICONIA W500」は、タッチパネルを内蔵した10.Thinkpad L412互換バッテリー型ワイド液晶ディスプレイを搭載する(解像度は1280×800ドット)。タッチパネルはマルチタッチに対 応。本体サイズは275(幅)×190(奥行き)×15.95(厚さ)ミリ、重さは約970グラムとなる。APUのC-50を搭載し、統合したグラフィックスコアがRadeon HD 6250であるのはAspire one 522と共通だ。システムメモリとして2Gバ al10a13互換バッテリーイトのDDR3を載せ、データストレージには32GバイトのSSDを内蔵する。


 本体に搭載するインタフェースには、HDMI出力とUSB 2.0を備えるAcer Aspire 4743互換バッテリーほか、無線接続としてBluetooth 3.0とIEEE 802.11 b/g/n準拠の無線LANも利用できる。また、キーボードを備えたドッキングステーション(ポインティングスティックと有線LAN、USB 2.0を用意)も用意される。OSはWindows 7 Home Premiumで、これは、MSIが公開した“Ontario”搭載タブレット“PC”「Windpad 100W」Dell Inspiron Mini 1012 バッテリーと同じだ。Acerの独自機能でホームネットワーク上でコンテンツを共有する「clear.fi」もサポートする。


続いて、2011年年末商戦で取り組んだPC売り場の改善施策について振り返ったASUS G50VT-X5バッテリー。マイクロソフトは来店者が利用しやすい店舗を作るため、対面販売コーナーを作成したり、PCの活用法を紹介するカタログを配布するなどさまざまな工夫を行っていた。


 「特に対面販売コーナHP Pavilion dv6600互換バッテリーーの設置が有効だった。約6割の客が対面販売コーナーに最初に立ち寄ったというデータが出ている。売り場の構造が分かりやす くなったことで、PCフロアへの来客数が増加し、特に女性の数が増えた。販売員の9割が効果を実感している」と一定の成果があったと五十嵐氏は述べた。春 商戦でも引き続き、理想の売り場づくりに取り組むという。


 また、対象製品を購入すると液晶テレビやデジタル一眼レフカメラなどがHP Pavilion dv6800 ACアダプタ

当たるプレゼントキャンペーンを2012年2月24日から開始するほか、Office製品のキャッシュバックキャンペーンも同時に行う。Office 2010関連のプロモーションや施策は、同社執行役 オフィスプレインストール事業統括本部長の宗像淳氏が説明した。宗像氏はまず、2011年のWindowsインストールPCの販売状況を振り返った。Lenovo Y550互換バッテリー地震 などさまざまな影響がありつつも、2011年は2010年よりも販売数が上回ったことから「メーカー各社のサプライチェーンや需要の強さを再確認した」と PCの需要が依然として高いことを強調した。


 宗像氏は続いて、PowerPoint 2010に新しく導入したソフトウェア「楽しもうフォトウィザード」を紹介した。Toshiba PABAS106この機能を使うと、ウィザードに従って写真を選択するだけで、簡単にアル バムやカレンダー、ポスターなどが作れる。39種類のテンプレートを収録しており、2012年春モデルのPCからプリインストールしている。なお、既存の ユーザーに対してはアップデートファイルをWeb上で配布するとしているがUM08A51、配布時期は今のところ未定だ。バッテリー動作時間のベンチマークテストは、BBench 1.01(海人氏作)で測定した。BBenchの設定は「60秒間隔でのWeb巡回(10サイト)」と「10秒間隔でのキーストローク」だ。電源プランは Windows 7標準の「バランス」を利用し、ディスプレイは中間の輝度(レベル8)に設定した。


 動作時間の公称値は約9時間30分となっているが、ASUS M70Sa互換バッテリーテスト結果は8時間8分でバッテリー残量5%となり、休止状態に移行した。Webサイトの閲覧、テキストの入力などで使うなら、1日中外出する場合でもバッテリーは持つと考えてよさそうだ。


 ベンチマークテストで負荷が高い処理が続くと、冷却ファンの音が気になる。本体手前5センLenovo IdeaPad S9互換バッテリーチの距離で計測すると、騒音レベルは45デシベルだった (測定条件は、オフィス内で暗静音時33デシベル、室温25度)。合わせて高負荷時のPCの表面温度を測定してみる(室温25度)と、タッチパッド付近が 一番が高くて34.6度となり、キーボードは31度、パームレストは約30度となった。通常の作業では、Dell Inspiron N7010R ACアダプタ

タッチパッド付近でなければ室温とあまり変わらな い表面温度となる。

posted by chongtou at 10:43| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。